Act.0008:なしにしませんか?

 コックピットは、まさに世代セダイがデザインしたとおりだった。


 少し低くなった前部座席に世代セダイ、そしてその少し高い後部座席にいちずが座っている。

 いちずは股を開くように座り、その膝と膝の間に、世代セダイの頭がある。


 さらに、球体のコックピット全ての壁には、周囲の映像が映しだされる。

 加えて、一部のコントロールパネルやレバー、スイッチ類を覗いて、シートやその他の機材、さらに脚や腕、胴体などにまで、プロジェクションマッピングにより視界が妨げられないよう映像が重ねられる。

 おかげで、まるでシートや体が透けているようにさえ見えていた。


「なんだこれは!? どうなっているのだ、このコックピット!? まるで体が景色に溶けちゃってるぞ!?」


 手首から先、足首から先、首から上以外は、景色が重ねられてるため、まさにいちずの言うとおりに見えていた。

 世代セダイも自分でデザインしておきながら、思ったよりもどこか不安を感じてしまう。

 まるで自分の体がなくなって、空中に浮いているようだ。


(幽霊にでもなったみたいだな……でも……これがボクの夢……)


「おい! てめぇ~、その魔生機甲レムロイドはなんだ!?」


 柳生の叫び声が、コックピットの中まで聞こえた。

 きちんと位置関係も計算して音が聞こえる仕組みなので、正面のロボットから聞こえたようになる。

 これも、世代セダイが設計した通りだった。


「見たことない……それどころか、なんて精巧なんだ……ありえねぇ……」


 柳生が感嘆をもらす。

 だが、世代セダイにしてみれば、それほどではないと思う。


(ボクの尊敬する、メカニカルデザイナーの大御所、【大河森】大先生が作った、数々のアニメで活躍しているロボットに比べたら、ボクのなんて……)


 とはいえ、確かに目の前に在る「かっこ悪いロボット」に比べれば、遙かに精巧と言えるという自負はある。


「すげぇ……これは金になる! おい! ダメージ与えて強制格納フォース・ストレージ・インを狙うぞ!」


「了解!」


 そんな会話が聞こえてきたと思ったら、柳生のものではない1機が、駆けよってくる。

 何をするのかと見ていると、一回り大きいヴァルクの胸元に鎧の小手のような手でパンチを放ってきた。


 ゴンッという渋い音が響き、わずかな振動が伝わってくる。


 ビクともしない……とまではいかないが、ヴァルクはブルッとしただけで、倒れるどころかその場から動くこともなかい。


(……コックピットの振動吸収システムはうまく動いているなぁ。というか、かっこ悪いロボ、初期の雑魚キャラ並じゃないか。……しかし、オートバランスってどうなってるんだ?)


 呑気に状況を観察している世代セダイに対して、いちずは愕然としていた。


「なんなのだ、この魔生機甲レムロイド……今の衝撃、ほとんどダメージないぞ……」


 左右の丸い球体のコントローラーに手をのせながら、彼女は不思議そうにキョロキョロと見まわす。


「でも、やはり私のレベルでは立っているのが精一杯……このままじゃ、魔力が尽きる……」


「魔力?」


 悲壮な声をだすいちずに、世代セダイはどこか呑気そうに尋ねた。


「この魔生機甲レムロイドって、魔力で動いているの?」


「そうだ。構築ビルドの儀式を行った者、つまり今は私の魔力で動いている」


「魔力……。操縦はどうやってやっているの?」


「デザインしたのに、そんなことも知らないのか。一部を除いて、ほとんどは魔力による思念コントロールだ。ただ、私のレベルが足らないので、これだけ高レベルだとうまくコントロールできない。こんな立派な機体なのに……すまない」


「そういうもんなのか……」


――ドドッ!


 次の瞬間、先ほどとは比べものにならない衝撃が、コックピットを襲った。

 薄暗い空間がグラリと揺れる。

 一歩だけ退きながらも、足を踏ん張って倒れなかったが、その威力は先ほどとまったく違う。


「くっ。【火弾かだん】か!」


「えっ!? かだん? ……ああ、火のたま!?」


 いちずの言葉に、世代セダイはビックリして正面を見る。

 すると、2機のロボットは、片手を前に掌を広げていた。

 いかにも今、何かを出しましたと言わんばかりだ。


「ロボットなのに魔法使うの!?」


「ロボットとかいうのではなく、あれは魔生機甲レムロイドだぞ! 魔法を使うのは当たり前じゃないか!」


「当たり前なの!?」


 そう言われれば、魔法を使うロボットアニメも確かに存在した。

 しかし、そういうのはいわゆるスーパーロボット系と呼ばれるアニメだ。

 世代セダイとしては、もう少しリアルロボット系のが好みである。


「えーっと、いちずさん……」


「なんだ?」


「魔法、なしにしませんか?」


「――できるか!」


 できなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!