第47話

 岩のような鱗を携えた、地を這う茶色のトカゲ。その姿を見て、フィルは驚愕した。

 他の面々は知っていたが、フィルは知らない。人が竜に変異するということを。想像もしていなかったことで、戸惑いがどうしても隠せない。

 気を緩めないようにしながらも、口を開き唖然としていると、背中を強く叩かれた。


「気合を入れろ」

「ですが、人が竜に?」

「あぁ、我ら高位の竜は力を抑えるために人の姿をとっている。ずっと竜の姿では、魔力の消費が大きく燃費が悪いからな」


 さも大したことではないようにレヴォネは告げた。フィルもそれを聞き、胸に手を当てる。

 たったそれだけのことで、スーッと心が落ち着きを取り戻し、どうでもいい余分な情報は頭の隅へと追いやられた。

 息を吸い、吐く。一度深呼吸を行うと、体も頭も戦闘へと集中することができた。


「ギヒャッ、グヒャハハハハハハハ」


 ランディルは歪に笑い、手を大地へと叩きつける。魔力が地面へと浸透し、巨大な岩が浮かび上がった。

 岩を握り潰しそうなほど強く握る。ピシリと岩が音を立てたが、気にせず二人へと放り投げた。


 視界を埋め尽くすほどの大きさの岩。魔法で迎撃しても、防ぎきることは難しい。

 しかし、このまま受けるのは愚の骨頂。フィルが空いた手に魔力を集めた時、レヴォネが前へと出た。


「あぶな……」

「下らん」


 彼女が左手を振ると、破裂したように岩が砕かれる。残ったのはレヴォネの魔力が残した、銀色の粒子だけだった。

 間断なく次々とランディルは岩を放る。しかし、その全てが悉くレヴォネに打ち払われた。


 圧倒的で混ざることすらできない戦い。フィルの胸中では、無力さよりも驚愕が勝った。

 自分が成りたかった、目指した強さがここにある。人と竜の違いよりも、憧れが前へと出た。

 ぶるりと身震いをしたフィルは、油断なく隙を探し続ける。自分にできることをしようと、体が身構えた。


「ギヒャヒャヒャヒャ! いいぜぇレヴォネ! いつかお前を屈服させたいと思っていたからなぁ!」

「そういう台詞は我に勝ってから言え三下」


 何気なく話す二人。しかし、油断なくお互いのことを睨みつけていた。

 その視界に、フィルは映ってすらいない。自分が警戒されていないことに気付き、足へ力を入れる。飛び出そうとしたのだが、レヴォネが前に手を出し押し留めた。


 ちらりと振り返ったレヴォネの目が訴える。足手纏いだ、下がっていろ、と。

 その視線だけで十分だった。フィルは自分が警戒されていないどころか、歯牙にも欠けられていないことに気付く。

 二人にとって、フィルはただの脆弱な人間。例え攻撃をして来ようと、鱗を貫くどころか傷一つつけられない。

 蟻が一匹歩いていたからと、気にする人間はいない。フィルと竜の間には、それ以上の実力差があった。

 それを認識させられてなお、フィルは強く剣を握りしめる。退くわけにはいかないと、心が訴え続けていた。


 幾度も打ち払われる大岩。ランディルはそれに苛立つどころか、当然だと笑う。

 レヴォネの実力は、竜族でもトップランク。自分よりも性能は上、真っ当な勝負では勝ち目はない。……そう、真っ当な勝負では、だ。


 一方レヴォネは、同じ攻撃を繰り返すランディルに苛立ちを覚える。

 巨体を活かし接近戦を挑むのではなく、近づかせないように岩を放り投げる。児戯にも等しい戦い方は、彼女に飽きも覚えさせた。


「……もう良い」


 久々の竜族との戦い。もう少し楽しめると思っていた彼女は、ランディルの企みも見抜けず、戦いを終わらせようと決めた。

 レヴォネは片手を大きく上げる。彼女の魔力が周囲を取り巻き、銀色に輝きだした。

 竜族で一番美しいと言われる彼女は、その姿を本来の姿。銀竜へと変貌させる。

 しかし、その瞬間こそがランディルの狙いだった。


 変異を遂げようとしていたレヴォネを見て、攻撃を止めたランディル。彼はほんの僅かな隙を狙い飛び出した。


「ギシャアアアアアアア!」

「な……」


 ランディルをすでに用済みとばかりに考えていたレヴォネは、予想もしていなかった突撃に反応ができない。だが、頭の中は冷静に状況を判断していた。

 竜と化した瞬間、もしくはその少し前。ランディルの大きく開かれた咢は、自分の喉元へ食らいつく。

 己の失敗を理解したが、対応策はない。ただ少しでも早く、竜へと変じるよう集中するしかなかった。


 勝負は決した。確実に勝利を得た。ランディルがにたりと笑ったとき、風が眼前を奔る。マントを翻し、宙を舞うフィル。

 相手にする必要もなく、視界の端にすら置いていない。虫けら以下と判断した人間が、ランディルの両目を風の魔法で狙い撃った。


「邪魔だ人間がぁ!」


 勢いのまま片腕を振る。空中で防ぐこともできなかったフィルは、魔法ごと殴り飛ばされた。

 だが、目だけは相手を見続ける。最後の抵抗とばかりに腕を振り、そのまま地面へと叩きつけらるように落ちた。


 稼げたのは、ほんの僅かな時間。しかし、それはなにも状況を変えはしない。

 レヴォネの変異は間に合わず、ランディルの牙は食らいつく。……そうなるはずだった。

 終わったと判断し、ランデイルはすでにフィルへ目を向けてすらいない。だからこそ、横から風を裂き飛ぶ剣に気付かなかった。


 その身は届かなかった。その魔法は打ち払われた。しかし、最後まで諦めずに投じた剣だけは、油断していたランディルの眼前を通った。

 当たったわけではない。ただ、横切っただけである。だがそれは、ランディルの足を止めた。彼の本能が、予想すらしていなかった眼前の異物へ警戒を発したからだ。


「しまっ……」


 後一歩のところで足を止めたランディルは、自分の失態に気付く。慌ててもう一度足を進めようとしたが、すでにレヴォネは銀色の竜へと変異していた。

 それでもまだ間に合うと信じ、大きく口を開く。だがその頭は握り潰すように掴まれ、地面へと叩きつけられた。


「グアアアアアアアアアア! 人間! 人間がぁ!」

「……ははっ」


 レヴォネは笑う。もし一対一の戦いであったならば、確実に負けていただろう。

 しかし、意にも返していなかった人間が、戦況を覆した。油断、屈辱、そういった負の感情よりも、違う感情が前へと出た。

 それは初めて覚える感情。侮りではなく、敬意に近い感情。

 蹲り、満身創痍。だが一度竜の動きを止め、立とうとしているフィル。彼を見て、彼女の口角が上がる。人間は、ただ弱いだけの存在では無かった。


 ……今は勝負の途中。妙に昂る感情を押さえ、レヴォネは眼前で呻くランディルを力任せに持ち上げた。


「くそっ! くそがっ! くそがぁっ!」


 頭を掴んだ手を振り解こうと、ランディルは暴れる。何度も何度も銀の鱗を殴りつけたが、力の入らない攻撃は傷一つつけることができなかった。

 レヴォネは巨大な地竜の体を、軽々と空へと放り投げる。そしてランディルが翼を広げ体勢を戻すよりも早く、口から銀色のブレスを放った。

 銀の閃光は真っ直ぐに伸び、ランディルの体を包み込んだ。


 山をも吹き飛ばしそうな魔力の奔流。強大なブレスを、フィルはぼんやりとした目で見つめた。

 圧倒的な実力、防ぐことすらできない攻撃。自分の時代には存在しなかった、竜の代名詞ともいえるブレス。その威力を目の当たりにした。

 銀の軌跡が消え、それでも目を放せない。呆然としているフィルの前に、銀色の竜が立った。


「驚いたか? 我ら竜と人間の違いは分かっただろう。その身に恐怖を刻み、忘れるな。決して逆らおうなどとは考えないことだ」

「……綺麗だ」

「は?」


 レヴォネは固まった。人に竜の偉大さを教えたつもりだったのに、なぜか褒められていた。

 もちろん、今までにも同じような歯の浮く台詞を告げられたことはある。それこそ無数にだ。

 しかし、今回は違う。脆弱だが強さを持つ人間が、己へ媚びへつらうわけでもなく、思うがままに自分を美しいと言っている。

 初めての体験は、レヴォネの胸にむず痒いものを覚えさせた。


 レヴォネは竜化を解き、人の姿へと戻る。フィルはその姿を見て、はぁっとため息を吐いた。

 幼きころより持っていた自分の感情が、届かぬ憧れだと気づいてしまう。初めて会ったときから、彼女の全てに惹かれていた。

 しかし、それは決して届かないもの。人と竜という垣根があるからではなく、自分に自信が持てないフィルは、届かぬ憧れに胸を押さえた。

 至れぬ強さ、守れぬ存在。圧倒的な差が、フィルの胸を締め付けた。

 ならせめてと、決意を言葉に秘め、口を開く。


「レヴォネさん」

「な、なんだ?」

「僕は、もっと強くなります」


 幼き頃、自分を立ち上がらせてくれたように、今度は自分があなたを助ける。届かなくても目指します。言葉にせず、告げる。

 フーリムを守りたいと思ったときとは違う。届かないと分かっているからこそ、辛く苦しい決意だった。


 だが、レヴォネはそれどころではなかった。真っ直ぐに目を見て、フィルは強くなると告げる。

 竜にとって強さとは絶対。そして絶対的な強さを持つと自負する彼女に、強くなると言った。それは竜であり混乱の渦中にある彼女にとって、告白にも近いものに感じられた。


「わ……」

「はい」

「我はそんなに軽い女ではない! 精進するがいい!」

「はい、頑張ります」


 レヴォネが何を言いたいのかは分からなかったが、フィルは笑って頷く。

 その行動がまた、彼女を惑わしていると、フィルは気付きもしなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます