第44話

第四十四話


 そびえ立つ岩山を登っていた一同は、崖から景色を眺める。

 暗い空はより黒を深くし、闇の訪れを教えてくれていた。

 夜間での移動は困難でもあり危険でもある。足場の悪さも考慮し、一同は野営の準備を始めた。


 焚火を囲い、入念に傷の手当てを行う。ワイバーン戦後も調べたとはいえ、厳しい戦いを終えたのだ。いくら調べても足りないくらいである。

 上半身を左右に捻り、ストレッチをしながらベイが不満気にぼやいた。


「ってかよう、どうせなら送ってくれても良くないか?」


 ワイバーンは戦闘が終わると同時に、その場から離脱した。誰も特に何も思わなかったが、ふと気付く。自力で竜王リラークの場所へと向かわなければならないことに。

 険しい山道は、全員の精神は擦り減らしていた。

 疲れもあり、ベイの言葉に対し誰もが苦笑いを浮かべる。飛べる者の場所に飛べない者が行くという困難。身をもって経験させられていた。


 だが、不満は述べられても苦情を言うことはできない。自分たちは客人ではなく、招かれざる客。多少認められたとはいえ、それは誰もが理解していた。


「……ですが、もう妨害もないでしょう。後二日もあれば辿り着けるはずです」


 ルアダも口では気にしていないように言うが、額に手を当てため息を吐いていた。

 その様子を見て、一同はやはり苦笑いを浮かべる。背中に乗せてくれれば、とっくに到着していた。そう思う気持ちは同じであった。



 竜の居城ではリラークの指示に不満を持ち、夕食の肉を苛立たしく噛み千切る銀髪の女性があった。

 レヴォネは負の感情を隠しもせず、その優美な姿には似合わぬ様相で、机へ骨を投げつける。


「レヴォネよぅ、荒れているなぁ」

「黙れ、殺すぞ」

「ヒッヒッヒッ」


 茶色の髪を逆立てた、体格の良い男性。地竜ランディルは口の中の鋭い牙を見せつけながら、嫌らしく笑う。

 下賤なその顔に、レヴォネは舌打ちをする。ランディルは彼女が苛立っていると分かっているにも関わらず、なお楽しそうに笑った。

 ランディルは立ち上がり、レヴォネの肩へ手を回す。彼女にギロリと睨まれても、にたにたとした笑みは消えず、手も退けようとしなかった。


「我から手を退けろ」

「ちょっと提案があってなぁ。どうだぁ? あの人間たち、俺が始末してやろうかぁ?」


 一瞬止まったレヴォネは、躊躇わずランディルの顔へ拳を振るう。

 しかし、予想していたのだろう。軽い足取りで避け、後ろへとランディルは下がった。

 避けられたこともあり、怒りが収まらぬレヴォネは槍を手にする。

 気付いたランディルは、焦りも見せずに両手を上へとあげた。


「ヒッヒッ、落ち着けよぅ。悪い提案じゃなかったろぉ? 俺がレヴォネの代わりに、あいつらを片付けてやるってぇ」

「……竜王に逆らうつもりか?」


 竜王リラークの言葉は絶対である。彼が良しと言ったことに対し反する行動。それは叛意の現れと取られても仕方がない。なのにランディルは、にたにたと笑っていた。

 何か考えがあるのか? そうレヴォネが思い立ったとき、ランディルが口を開いた。


「次期竜王様の旦那ってのは、悪くねえよなぁ?」


 なんだ、ただの馬鹿か。レヴォネは率直に判断した。

 ランディルという男はとても竜らしく、力で全てを解決しようとする人物である。レヴォネへの求愛に関しても、竜族一だった。

 つまるところ、彼はレヴォネの機嫌をとりたいだけなのだ。深い考えなどは、一切ない。


 では、どうするのか? レヴォネが出した答えは、沈黙であった。

 人間との話し合いは無駄であり、妙な苛立ちがある。だが、父の決断に逆らうわけにもいかない。

 しかし馬鹿が一人動き、人間を始末する。その後、竜王に罰されたとしても自分には関係が無い。レヴォネにとって最善の選択が沈黙だった。


 ランディルはレヴォネの沈黙を肯定ととり、地を踏み鳴らしながら場を後にする。

 立ち去って行くランディルの背を見ながら、レヴォネはカップにお茶を注ぎ直す。そして良いことを思いついたかのように、少しだけ笑った。



 ――明朝。

 一行は身支度を整え、山頂を目指し進み始めた。

 岩がごろごろと転がる中、協力して登る。特に苦労していたのは、体が小さいフーリムだった。

 強い魔力を持っているが、決して体力があるわけではない。彼女にとって、登山とは初めての経験でもあり、荒くなる息を押さえることはできなかった。


「フーリム、手を」

「ありがとう、お兄ちゃん」


 フィルが差し出した手を握る。汗が滲む手は、力強くフーリムを引っ張る。とても優しく感じ、力が沸いてくるのを彼女は感じた。

 しかし、フーリムには気がかりがある。それはここ最近のフィルの態度だった。

 笑みを浮かべることが増え、悩んでいることも増えている。落ち着きのない様子は、フーリムの不安を掻き立てていた。


 そして、それはフィル自身も同じであった。

 少しだけ昔の自分に近く、感情が出せている。なのに、強烈な不安が心へ押し寄せていた。

 恐らくレヴォネと出会ってからのことだと、フィルは自分で気付いている。覚悟が決まったと思っていた心は、何かの綻びから崩れ出していた。


 息を吸い、吐く。そんな簡単なことで心は落ち着きを取り戻す。しかし、気付けば圧迫感に圧し潰されそうになる。そんなことをフィルは繰り返し続けた。


「お兄ちゃん、大丈夫……?」

「大丈……夫じゃないね。何か、少しおかしくなっているかも」


 この少女には嘘をつくわけにはいかない。なぜかそう思ったフィルは、少しだけ気まずそうに微笑みながら答えた。

 少女を守る、戦争を終わらせる。その考えに代わりはない。なのに、感情だけは言うことを聞かなかった。

 しかし、それと同時に確信もあった。あの銀髪の女性と出会えば、何かが分かる。そういった予感だった。


 少しだけ平らな地面へ辿り着く。そこにはローブを羽織った、白髪の老婆がいた。

 一同は当然警戒をする。だが、老婆はにっこりと笑い口を開いた。


「竜王リラーク様より、案内を申し付かっております。わ……私の名はレー。よろしくお願いいたします」


 レーと名乗る老婆の言葉を聞き、ルアダは全員に警戒を解かせる。そして近づき、深々と頭を下げた。

 それを見た老人は、笑みを絶やさず頷く。髭をいじるその仕草が、手馴れていない感じで少しだけぎこちなかった。


「自分はルアダと申します。こちらは仲間の、ベイ、リナ、フィル、フーリム。共に竜王様への謁見を望む者たちです。どうぞよろしくお願いします」

「これはご丁寧にありがとうございます。休息をとるところだったのですよね? ペースはそちらにお任せしますので、ご安心ください」


 挨拶が終わり、レーは足元に置かれていた荷物を渡す。

 中を調べると、多少の食料と飲み物が入っていた。

 ルアダは微笑みながらも、レーの目から見えないよう検分を始める。毒などが入っている可能性は、常に捨て去ることはできなかった。


 だが、ルアダの後ろからひょいと手を伸ばしたベイは、平然と飲み物を口にする。一口含んだ後、喉を鳴らして飲み干した。

 それを見たルアダは、こういうやつだったと思い出し、頭を抱える。

 信用しているというパフォーマンスでもあったのだろうが、ベイのこういうときの読みは外れることがなかった。


「うん、うめぇな。水ばっかりじゃ飽きるから、たまには果実が入った飲み物はいいもんだ」

「……毒が入っているか調べなくても良かったので?」


 レーの言葉に、ルアダはギクリと体を強張らす。

 しかし、ベイは豪快に笑い飛ばした。


「毒を盛るくらいなら、力尽くで殺せばいいだろ。俺たちはワイバーンに辛うじて勝ったくらいだ。うまく戦っていたように思えるが、紙一重だったからな。そんなやつらに毒を盛ってどうするんだ?」

「いえいえ、私も拝見させていただいておりましたが、中々の連携だったと思います」

「一体だったからな。でも、ワイバーンが二体いたら、どうしようもなかったさ」


 ベイの言葉は間違っていない。ワイバーンが一体だったから、勝つことができた。

 そしてもう一度戦ったとして、必ず勝てるという保証はない。むしろ誰も死ななかったのは、運が良かったとすら言える状況だった。

 目を細めたレーは、全員がベイに同意しているのを見て、考えを改める。ただの馬鹿な人間ではないようだ、と。



 休息をとった一同は、レーに案内され移動を始める。厳しく道なき場所だと思っていたが、少しだけ楽な道を進めることができ、心をほっとさせた。

 しかし、それもすぐに終わる。困った顔をしたレーは、崖に沿っている細い道を指差していた。


「ここを進めばかなり早く辿り着くのですが……。遠回りすると、二日は無駄にします。どういたしますか?」

「危険はできるだけ避けたほうがいいでしょう。迂回を」

「ううん、ルアくん行こう!」


 リナの強い言葉に、ルアダは驚愕の表情を見せる。だが、リナは唖然とする他の人たちに目もくれず、堂々と歩き出した。

 細い道へ入り、くるりと反転する。そしてにっこりと笑いかけた。


「大丈夫、行ける行ける! 安全に行くことも大事だけれど、時間だって大事だよ!」


 バランスを崩して落ちるのではないか。ハラハラとする一同のことなど気にせず、リナは笑う。

 ここまで言われて否定することもできず、案内された近道を進むことに決めた。


 一度リナを戻らせ、先頭をレーに任せる。気を付ける場所を聞きながら、恐る恐ると進んだ。

 何かあったときのことを考え、フーリムだけはベイとロープを結んでいる。これは誰かが言い出したことではなく、ベイ自身が言い出したことだ。

「チビ一人くらい、なんかあっても引っ張り上げてやる!」と言われ、素直にその好意に甘えることとした。


 緊張感を持ちながら、少しずつ進む。すると、先が開けているのが見えた。


「後もう少しですね。気を付けて行きましょう」


 レーの言葉に、すぐ後ろを歩くフィルが頷いたとき、上からカラカラと小石が落ちて来る。落石の危険を感じ、焦って上を見た。

 そこには、壁に張り付く大きな茶色いトカゲのような竜がいた。


「なっ……竜!?」

「竜?」


 フィルの言葉に、レーも上を見る。竜を確認したレーは気付かれぬよう、僅かばかりに微笑んだ。

 にたりと笑い舌舐めずりをした竜は、崖に突き刺さっていた鋭い手を抜き放ち、勢いよく叩きつける。

 崩れる音、降り注ぐ岩。身動きとれぬ中で、フィルは精一杯の声を上げた。


「上から落石! 注意を!」


 すでに全員が上を見ており、気づいている。だが細い道の中、動けば崖から落下するのみ。

 注意喚起の言葉は、自分を奮い立たせ落ち着かせるためのものだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます