第34話

 南の持ち場へ向かったリナは、敵が少ないことへ気づいた。

 だがこれから増援が来る可能性は否めない。しかしそれでも、フィルのことへの気持ちが勝ってしまった。


「私は東の様子を見に行きます! 少しでも劣勢だと感じましたら、すぐに人をよこしてください!」


 リナは返事も待たず、走り出す。自分の選択が間違っていることを理解しながらも、気持ちを抑えることができない。

 何かが変わってしまったフィルは無事だろうか? 一瞬でいい、大丈夫なところを見たい。

 そういった思いから、走る足を止めることはできなかった。



 小さな村を全力で走ったリナの視界に、十数名の人影が目に入る。

 一瞬安心したが、彼らの前に人狼がいることに気付き、歩を速めた。

 大丈夫、私が守るから。リナの剣を握る手に力が籠る。しかし、人狼へと話しかけている声を聞き、咄嗟に身を物陰へ潜ませた。


「退いてもらえませんか? 殺したくはありません」

「グルル……」


 戸惑っているかのような人狼の声。だが、それ以上に戸惑っているのは、リナとその場にいる兵士たちだった。

 戦闘が始まるというときに、フィルは兵士たちを押し留めた。そしてあろうことか、話が通じるとは思えない人狼に話しかける。

 普通ではありえない状況に、場は混沌としていた。


「……お願いします、退いてください。犠牲が出ることを理解しながら、殺し合う必要はないです」


 何をしているのだろうか? 戦う覚悟が決まったのではないのか? リナの思考は纏まらない。

 しかしフィルは穏やかな声で、退くことを提案する。リナには背しか見えていないが、フィルの顔には柔らかな笑顔すら浮かんでいた。


 この人間が何を考えているのかが分からず、人狼たちは悩んだ。自分たちが連れ帰るべき少女を連れている人間が、退いてもらえるよう懇願する。

 少女を守りたいのならば、戦い殺せばいい。それは自分たちも同じであり、戦い殺して少女を奪い取ればいい。

 しかし、血生臭い戦場で顔色一つ変えない少年の提案は、人狼たちにとっても想像を絶したものであった。


 人狼たちが動けない中、先に声を発したのは人間の兵士だった。


「な、なにを考えている! 人狼と分かり合えるとでも思っているのか! つまらん理想を掲げるのは、夢の中だけにしろ!」


 声を荒げる兵士は、スクイードの代わりに東側の兵を取りまとめることになった男。頭はスキンヘッド、顎には髭を携えた男は兵に指示を出す。

 若い少年の言葉を聞く必要性は無いと、結論付けていた。


 物陰から見ていたリナも、彼の行動を間違っているとは思わなかった。むしろ間違っているのはフィルのほうであり、なぜそんなことをしたのかが分からない。

 何かしらの考えはあったのであろうが、意見が通らなかったことに対し、少年はまた俯いてしまうのではないか? 私が力にならないといけない。

 だが……その考えは、間違いだった。


 フィルは人と人狼の中央に立つ。まだ話は終わっていない、だから戦うことは許さない。立ち位置で、周囲へと告げていた。

 隣に寄り添う少女も同じである。事も無げにフィルの横へと立つ。

 フィルは人を、フーリムは人狼を。二人は互いの陣営を睨みつけ、戦うことを断じていた。


 しかし、間に立つということは距離が縮まるということ。

 状況に戸惑っていた人狼の一体は、今ならばフーリムを奪い返せるとフィルへと飛び掛かった。

 この少年を殺し、フーリムを連れて逃げる。それだけで自分たちの任務は達される。

 とても簡単なことで……とても難しいことであった。


 人狼の行動に気付いたリナは、他の誰も気付いていないのではと思い、慌てて飛び出した。


「フィルく……」


 ザシュッと音がし、血が噴き出す。吹きすさんだ血が、周囲を赤く染め上げる。

 返り血で赤く染まった少年は、人狼の喉から槍を抜き、困った顔で微笑んだ。

 ぞわりと、リナの背が冷たくなる。体は震え、声を掛けることができない。

 殺したくないから退いてほしいとまで懇願した少年が、襲い掛かって来た人狼を平然と殺した。

 殺したくないのに殺す。その相反する考えに、人も人狼も動きを止めた。


「退いてもらえないか。残念です」

「お兄ちゃん……どうするの?」

「あぁ、殺すしかないね。途中で逃げ出してくれればいいけれど……」


 フィルの言葉を合図とし、フーリムの手から氷の矢が放たれる。氷の弾幕の中、フィルは駆ける。

 戸惑いながらも、氷の矢を防いでいる人狼の喉を、目を、口を貫く。反撃してくればその攻撃を捌き、返す刃で喉を切り裂いた。


「ニ、ニンゲン……」

「そろそろ退いてもらえませんか?」

「グ、グオオオオオオオオオ!」


 フィルの言葉を挑発と受け取り、人狼は絶叫する。

 しかしそんなつもりはなく、また殺さなければならないと、フィルはため息をついた。


 迫り来る人狼の数が減る。それは殺したからではなく、動かなくなったからだった。動かなくなった人狼を殺す必要はなく、襲い掛かるものだけを穿つ。

 自分の体が別人のように動くことへ、フィルは喜びすら感じていた。

 防ぐだけではなく、隙を突く。たったそれだけのことで、こんなに世界が広がる。磨いた技が唸りをあげ、体が思い描いた形で動く。

 しかし、上には上がいる。少しだけ頭を振り、図に乗りかけていた自分を戒めた。だが、体は止まらない。襲い掛かる人狼を殺し続けた。


 壊れた少年は、自分の心を擦り減らしながら相手を殺す。

 リナはフィルを見て、ぶるりと体を震わせた。もし、先に斬りかかったのが人間だったら? 彼は人を殺していたのだろうか?

 そんなはずはないと自分に言い聞かせながらも、赤く染まった死神から目を離せない。

 手伝うべきなのに、誰も動けない。そんな中で淡々と人狼を殺しているフィルが動きを止めたのは、異様な少年に恐れをなして、人狼が背を向けて逃げ出した後だった。



 顔を真っ赤にし、フィルを怒鳴りつけたのは言うまでもなく、その場の指揮を任された兵だった。


「馬鹿者! スクイードは、こんな馬鹿のために死んだのか!? 魔族は敵。殺すのは当たり前のことだ。何を考えている!」

「……すみません」


 男の言葉に、フィルは謝罪をした。しかし、その顔に反省の色は無い。気付いた男の態度はさらに激化した。

 結果的に人狼を殺したとは言え、危険な思想を持っていると思しき少年。フィルのことを認めることは、この世界で戦い続けて来た兵にはできないことだった。

 感情のままに兵は剣を抜き、フィルへと構える。だが次の瞬間、兵の手からは剣が弾き飛ばされていた。


「剣を構えられるのは困ります。斬りかかられたら……殺してしまうかもしれません」


 フィルは槍で剣を弾き飛ばし、そのまま兵の喉に突き付け威圧する。隣にいるフーリムも、油断なく兵へと魔法を放てるように構えていた。

 平然と殺すと言い放ったフィルが恐ろしく、兵は後ずさった。しかし下がり切るよりも早く、何かにぶつかる。いつの間にか兵の後ろへ立っていたのは、リナだった。


 リナは茫然とした顔のまま、ゆっくりと進む。

 少しずつ、少しずつ足を進め近づいて来たリナに対し、フィルは驚きもせず微笑んだ。

 いつもと変わらぬ様子のフィルを見て、リナはぼんやりとした顔を見せた。

 聞きたいことはたくさんある。聞かなければいけないこともある。だが、言葉は出て来なかった。


 リナをせかすこともなく、フィルはフーリムの頭を優しく撫でる。

 その様子を見て、リナは何も変わっていないのかもしれないと錯覚した。……しかし、そんなはずはない。

 この惨状を、考え方の違いを目の辺りにしておいて、変わっていないと思えるはずがなかった。

 リナはゆっくりと口を開く。聞くべきことは纏まっておらず、感情に任せて、一つの言葉を吐き出した。


「フィルくん、あなたは人間の味方なの?」


 彼女の問いに、少しだけフィルは悩む。なぜここにいるのだろう? 援軍として来たのだろうか? 今まで考えていたフィルには、リナの問いは予想外のものだった。

 人間の味方なのかと聞かれれば、イエスだろう。魔族の敵なのかと聞かれれば、ノーである。

 自分の中の答えがまとまった気がし、フィルは頷いた。


「僕は人の味方です。ですが、魔族の敵ではありません。望みは殺すことではなく、戦争を終わらせること。必要があれば殺しますけどね」


 少し困った顔でフィルは笑う。人が滅ぶか、魔族を滅ぼすか。それ以外の道を選んだフィルの意思に、リナは驚きを隠せなかった。

 しかしその考え以上に、強い意志が籠められた瞳に、リナは感嘆を覚える。

 ……気付けば、リナはフィルの足元へと跪いていた。そんな夢物語が叶えられると思えるほど、優しい生き方をして来たわけではない。

 だがそれでも、その夢を叶えたい。そう願ってしまった。


 跪いたリナは、剣を両手でフィルへと捧げる。何を告げたいのかは、行動で分かっていた。

 フィルはこの時、自分が目を逸らしていたこと、その事実と直面することになる。

 気付いていた、そうなのかもしれないと、分かっていた。

 だから、その剣を優しく受け取った。


「これからもよろしくお願いします、リナさん」

「はい、戦争を終わらせるために、この身をあなたの理想に捧げます」


 リナに預けられた剣を見ながら、籠められた思いを受け止める。

 そして自分の名前を、なりたくないと思っていた存在のことを、理解した。


 嫌いだった。同じ名前なのに活躍している英雄が。

 認めたくなかった。誰もが知っており、認められている英雄が。

 ……それは間違いだった。英雄は楽をしたわけでもなければ、褒めたたえられたくて活躍をしたわけでもない。

 葛藤し、苦しみながらも進んだ。その思いが、今のフィルにも分かる。


 自分が英雄であるとは未だに思えない。英雄と呼ばれたいとも思わない。

 しかし、その苦悩と歩みだけは尊敬すべき物だった。フィルは英雄と呼ばれるためではなく、英雄のように苦しみながらも歩き続けよう。そう誓い、リナの剣を高く掲げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます