危害



遠退いていく尾田の足音と、勢いよく燃え上がる炎の音を、連城はぼんやりと聞いていた。




立ち上がろうとしようにも、上手く身体が動かない。




周囲の温度が上がっていく。





のたうち回る木森を助けてやりたいけれど。


俺を襲った木森だけれど。


なんとかしてやりたいけれど。




ああ、指一本動かすのも難しい。




頭に残る鈍い痛みがなかなか引かない。




もう耳には炎の音しか聞こえなかった。








俺、ここで死ぬのかな。



なんで死ななければいけないのかな。



俺、なにか悪いことしたのかなぁ……。








だんだん、意識が薄れていく。











自分を呼ぶ、五十嵐の声が聞こえた気がした。








炎の中に現れた五十嵐を目で捕らえたところで。






連城の意識は途切れた。


















「ああ、あぁあぁあ……!」




連城の母親は、燃え上がる炎に、為す術もなく立ち尽くしていた。




元の自宅のほうからの煙臭さに慌てて新居を飛び出すと。



燃えていたのは紛れもなく。






息子がまだいる自宅。







「あぁあぁあぁあぁあぁあぁあっ!」





アパートの二階、燃える自宅を見て。


膝から崩れ落ちた。






周囲の野次馬がざわついている。






「……おい、あれ!さっきの!」




誰かが声を挙げる。



つられて燃える自宅を見上げる。









「うっおぉぉおおおおおぉおおぉっ!」









叫びながら自宅から飛び出してきたのは。





息子を背負った、女の子だった。





「いっちゃん!」



知ってる顔に、声を挙げる。




連城の母親に気付いた少女は、アパートの階段を転がるように駆け降りる。





「連城ママ!連城が!連城!連城が!連城が!連城!連城が!」





あちこちに火傷を負いながら、気が動転したように息子を連呼する彼女を見て。






ホッとすると同時に、不安もよぎる。






少女は息子を、そっと地面に下ろす。





「おい!さっき飛び込んだ子も、息子さんも生きてたぞ!」


「救急車!消防も早く呼べ!」


「誰か水!氷でもいいから持ってこい!」




集まった人々が騒いでいる。





「連城……連城、なあ、連城……連城……おい……。」



少女が息子の身体を揺らす。







息子の目は開かなかった。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る