心外









そこに立っていたのは。

















尾田だった。










「…尾田?」





呟いた連城を、尾田は無表情で見る。




そこから視線は、ついに膝をついた木森。


そして尾田の足元に転がる金属バットへ。






「ちょうどよかった。」




なんで尾田がいるのかわからないが。


他の誰かが、しかも友達の尾田が来てくれたことに安心して、身体に入っていた力が抜ける。




連城はホッとして笑った。






「尾田。今、隣のマンションに俺の親が居るから、すぐに呼んできてくれ。あと、警察も。事情は後で説明する。さあ、早く……。」













「僕に命令するな。」














空気が張りつめる。





あの、いつも気弱な尾田の。



冷たい視線が連城に突き刺さる。




その声は、普段の甲高い声からは想像できないほど。


低く、暗いものだった。





呆然とする連城を睨み付ける尾田の顔は。









連城が見たことのないような、憎悪に満ちた表情だった。









足元に転がる金属バットを尾田は拾いあげる。


そしてゆっくりと、連城のほうに歩いてくる。




「あーあ、まったく……台無しだよ。」





尾田は金属バットを振り上げて。










しゃがんでいた木森の頭に、勢いよく叩きつけた。





「がぁあぁっ!」



苦しげな声を上げた木森は、頭を抱えて倒れこむ。




そんな木森に尾田は何度もバットを降り下ろす。






「この役立たず。まったく使えないな。」




金属音と木森の呻き声が響く。






状況が理解できない連城は、ただただ、その場に立っていることしかできなかった。



















だんだん動かなくなっていく木森に。


僕は内心、興奮していた。




バットを伝ってくる衝撃が愛おしい。




ああ、いつかこいつの頭を。


こうやって殴ってやりたかったんだ。




人から構われることもない弱者のくせに。


まるで僕が弱いかのように扱いやがって。





汚い、汚い、血が流れる。


バットの縁は既にデコボコになっている。




あいつら四人だってそうだ。


まるで僕が何も出来ないみたいに。



群れることでしか自分を維持できない弱者のくせに。







そして何より。


誰よりも。




連城。







僕はお前が憎い。








何が。


「尾田は俺が守る」だ。



何が。


「困ったことがあれば俺がなんとかしてやる」だ。



何が。


「これからもずっと一緒にいようぜ」だ。







僕はお前なんかいなくてもやっていける。



お前が僕を弱虫みたいに扱うから。


他の奴らが僕を弱者のように扱うんだ。




僕は弱者じゃない。


僕は弱くない。


僕は弱くない。



弱くない。弱くない。弱くない。弱くない。弱くない。


















木森の頭から血が流れだす。



いつの間にか木森は倒れたまま動かなくなっていた。



呻き声が、次第に小さくなっていく。




友達のはずの尾田が恐ろしく感じた。



嘘であってほしいと願う。







信じられない。


信じたくない。






上手く呼吸ができなくなって、噎せる。



臭気が鼻をつく。












……待てよ、これは何の臭いだ?




血の臭いではない。


ガスでもない。






これは……。







連城は顔を上げる。


臭いは玄関の廊下のほうからだ。





なんで気がつかなかった。


光景にばかり気を取られていた。






連城は背後を振り返る。


このアパートは、木造。




壁、ふすま、ああ、ふすまは紙だ。








まずい。


もし、尾田が……。

















ゴッ、と鈍い音がした。













連城は衝撃で膝から崩れ落ちる。





「余所見するとか……本当に僕のこと軽く見てるんだね。腹が立つ。」




倒れた連城の頭上で。


バットを降り下ろした尾田は憎々しげに、呟いた。

















連城は一発殴っただけで床に倒れた。




僕は廊下に置いてきた灯油を持ち上げる。





逃げ道を塞ぐよう、廊下にはしっかりこぼしてきた。




同じように、居間の窓の前にもしっかりと流す。





倒れる二人の周囲を、灯油を流しながら、ぐるぐると回る。





さて……。





まずは木森だ。



コイツが実行犯なのは紛れもない事実だ。



コイツが口にしなければ、計画した僕の存在が露見することはない。





まあ、コイツは計画したのが僕とは知らないわけだが。






匿名の紙切れ1つでここまで動くとは。


なんてバカなんだろう。



ああ、その点については、僕も何も言えないか。






木森の身体全体に、灯油をかける。





あ、しまった。




勢いあまって、残った全ての灯油を使ってしまった。




連城にかける分がない。




連城は、いまだに状況がわかってないが、僕の関与を知っている。





人を疑えない、疑うことすら知らない、どうしようもないバカだが。


この状況を見てしまえば、きっと僕を……。




床にうつ伏せに倒れる連城をチラリと見て、それから周囲を見回す。




逃げ道となるようなところには、全部灯油を撒いている。




それに、先程くわえた一撃には、僕自身の、可能な限りの力を込めたはずだ。





起きる頃には、周囲は火の海だろう。




頭部にあれほどの打撃を食らえば、まともに逃げることも、まともな判断も、きっと困難なはずだ。




まあ、とにかく。


この二人が死ねば、それで完成だ。




本当は、最初は。


五十嵐さんも殺す予定だったんだけれども。




というか、最初は。


操り人形が木森で、標的は、あの四人と五十嵐さんのはずだったけれども。





けれど、僕は、それをやめた。



口汚く人に当たる五十嵐さんも、前から嫌いだったけれど。



ヘラヘラしながら僕より優位に立とうとする、連城のほうがよっぽど憎い。





この方法だと、僕も巻き込まれるかもしれないと思ったけれど。






連城の家は予想以上に簡単な作りだ。


急いで玄関を出れば、間に合う。




そして、それで終わりだ。



ここは連城の家なのだから、疑われるのは恐らく、木森。



連城は正当防衛か……。


それはそれで少し癪だけれども。







木森の、灯油に濡れた背中に、火を点けたマッチを落とす。




聞こえた呻き声は無視して。



僕は玄関に向かった。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る