意外


五十嵐が大きな欠伸をする。




「うーん……お腹空いた。」


「何か買ってこようか?今、家には何もないし。」


「いや……私が何か買ってくるよ。そこのコンビニ行くけど、何か欲しいものある?」


「あー……じゃあ、何か、菓子がいいな。」


「あいよ。」





五十嵐は立ち上がって、ツバ付きの帽子を被った。


「なんで男物の帽子なんだよ。」


「カッコいいだろ。」


五十嵐はニッと笑って部屋を出る。



「おーい、玄関の鍵閉めてくれよー。」



どうやら外に出たらしい五十嵐が、玄関のドア越しに話している。



「おーう。」



連城は返事はしたものの、動くのが面倒くさくて、床に寝転んだ。















連城の家のドアがいきなり開いた。




思わずアパートの陰に隠れたが、出てきたのは連城ではなかった。






五十嵐さんだ。





いつものような仏頂面でアパートの階段を降りている。




自転車に乗って走り去っていく五十嵐さんを見て、ホッとした。





家族が外出中なのはわかっていたけれど、五十嵐さんは計算外だ。



危うく鉢合わせするところだった。






能天気な連城と違い、五十嵐さんは目敏い。


遭遇すれば、まず疑われるだろう。


正直、昨日も五十嵐さんのせいで、計画が頓挫しそうだった




五十嵐さんが沼沢に何を言ったのかは知らない。


しかし、最悪、沼沢が逃げ出すことも有り得た。


沼沢が「家に引きこもる」という手段を取ったからよかったが。




手元のリストを見る。



五十嵐さんはリストには載っていない。




ある名前は、あの四人と、連城だ。


















玄関のドアが開く音がした。



「おかえりー、五十嵐。早かったな。」



立ち上がり、玄関に向かう。







だが、返事がない。








「…は?」









玄関に立っているのは、五十嵐ではなかった。




俺は驚いて固まる。





「…なんで?」

















「やあ、こんにちは。連城。」











木森は笑った。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る