被害



夏休み 残り4日









沼沢はリビングの真ん中で、テレビのリモコンを持ったまま呆然としていた。






全ては数十分前の、一本の電話から始まった。








数十分前。



沼沢が自室で一人、ゲームをしていた時、電話のコール音がリビングから響いてきた。





家には誰もいなかった。




仕方なく沼沢はリビングに向かうと、渋々電話に出た。






相手は同じクラスの、五十嵐という女子だった。






『もしもし、沼沢か?』





相変わらずぶっきらぼうな口調だ。




だが、その声を聞いて、思わず口角が上がる。







「なんだよ、五十嵐。あ、わかった!俺の声聞きたかったんだろ?」




半分本気で聞いてみたのだが。





『黙れ、馬鹿。いますぐ頭冷やせ。夏ボケしてんじゃねぇよ。』




あっさりと切り捨てられた。





「あ~、照れっちゃって!素直になれよ~。」




『それ以上いうな。吐き気がする。』



……冷たいなあ、もう。











『まぁいいや。生きているなら』













……は?




「どういう意味だよ。」






『いや、あいつらと比べるとお前、弱っちい感じするし、ひょっとすると死んでんじゃねえかと思ってさ。』







「は?なんで俺が死ななきゃいけないの?」







『…お前、知らないの?』







…なにいってんの?五十嵐。


あー、なるほど!


少しでも俺の声聞きたくて、テキトーな作り話してんだ!





沼沢はそう考えた。



この時は、この知らせに恐怖を抱くなど、微塵も思ってもいなかった。




だから、いつものように、ふざけた返答をしてしまった。






「えー、なになに?お前が俺の事好きだって?ずっと前から知ってるよー!」






『…馬鹿と話すの、疲れた。今から行くから、その口閉じて待ってろ。』






電話は一方的に切れた。







……なんだよ、今の。


あー、あいつ俺に会いたいんだ!なるほど。


俺の家に来たくてしょうがないんだな。


だったら相応に"歓迎"しなきゃなあ。








沼沢が妄想し始める前に、玄関のチャイムがなる。









玄関に立っていたのは黒いロングヘアーが綺麗で、とても口の悪い五十嵐だった。






家の中に連れ込もうとする沼沢を完全に無視し、玄関で勝手に話を始めた。







「自分の目で見たほうが早いだろ。お前の頭が、耳で聞いて理解するとも思えないし。」





そう言うと五十嵐は、手に持っていた新聞と、冷えきった缶コーラを沼沢に放った。







五十嵐はその新聞の小さな記事を指差した。








『謎の写真とダーツの矢』


『事件か?事故か?』


『連続傷害事件の可能性も』




その記事には、いくつもの小見出しがつけられていた。







「何これ。これが、どうしたの?」




沼沢がそう聞くと、五十嵐はその記事の端に載っていた、三枚の写真を指差した。








「この事件の被害者。お前がよく知ってる奴らだよ。」







写真には三人の少年が写っていた。










「え……三井……佐久良……高島……?」










見間違うはずがない。



その三人は、間違いなく。








「……嘘だろう?」




「死んではいない。が、かなりの重傷らしい。三人とも目を覚まさない。」






五十嵐はそう言うと沼沢をじっと見た。




「三人ともお前の親友だろう?しかも三井は、お前らが仲良く遊んでいた翌日に被害にあっている。」















五十嵐が帰ると、沼沢はリビングの中心で頭を抱え込んだ。





現実が受け止められなかった。





三人とも数日前まで、あんなに元気だったのに……。







五十嵐が三人の入院する病院を教えてくれたが、目を覚まさない三人を実際に見てしまったら、自分の何かが壊れてしまう気がして、行く気にはなれなかった。





先程まで普通に過ごしていた家が、妙に静かに感じる。



こんなことなら、下心など関係なく、五十嵐に残ってもらえばよかった。







静けさに耐えられず、テレビをつける。





その直後、沼沢は固まってしまった。




テレビのニュースでは、ちょうどその事件の解説をしていた。




犯罪評論家のオッサンが、テレビの中で言った。






『この事件はまだまだ続く可能性がある』と……。










『まあいいや、生きているなら。』



『ひょっとすると死んでんじゃねえかと思って』






電話で五十嵐が言っていた言葉が、沼沢の頭に響いた。





……もしかして。



この事件の次の被害者は。




……俺?










テレビのリモコンを持って呆然とする沼沢は、玄関のチャイムがなっている事にしばらくして気付いた。




ドアを開けると、そこにはツナギを着た男が立っていた。




「ガス管の点検に来ましたー。」





なんだ……驚かせるなよ……。







その男がキッチンに居る間、沼沢は五十嵐からもらった新聞を読んでいた。




……俺が被害にあうとしたら。



流れ的に今日だろう。



……それなら今日は家から一歩も出ないぞ。






沼沢はそう思いながら、五十嵐がくれたコーラを飲む。




ガスの臭いが鼻をついた。









点検が終わると、ツナギの男はすぐに出ていった。




沼沢はため息をついた。






やっぱりガス臭い。





プシューという音がキッチンから聞こえた。












……ちょっと待てよ。




臭過ぎないか?









キッチンに駆け込むと、そこはリビング以上に臭かった。






頭がクラクラした。






ガス漏れか…?





沼沢はガスを止めようとしたが、止め方が分からない。


そもそも、どこから漏れているのかも分からない。





何故急にこんな事に……?





沼沢は先程の男を思い出した。







……ちくしょう!


きっとあいつが犯人だ!







沼沢は男を追い掛けようと玄関に向かったが、途中で倒れてしまった。






手足が動かない。








『ひょっとすると死んでんじゃねえかと思って』








また五十嵐の声が頭に響く。








そして、それが沼沢が最後に聞いた音だった。










……ツナギの男は、沼沢の家の玄関の前にいた。



その男はドアにむかってニンマリと笑う。







……リストの四人目。



「沼沢」の文字には、上からしっかりとラインがひいてある。












沼沢の母親は慌てて帰ってきた。




息子の友人達が次々と事件に巻き込まれていると聞き、自分の息子が心配になったのだ。








彼女は家の前に着いた途端、大きな悲鳴をあげた。







家の玄関の戸には、自分の息子の写真があった。





……ダーツの矢に貫かれて。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る