アウソニア

 僕は机の上に飛び乗り、天井から長さ1mぐらいの蛍光灯を二本抜いて傍に置く。


「オカダ君、後ろ!」


 スケさんが窓の方向に注意を促した。屋上からラぺリングで数人の戦闘員が降下してきたのだ。そのまま窓ガラスを両脚でぶち破り、ロープごと市長室に侵入してきた。


「キャー!」


 シュレムはゴルフクラブで戦闘員の頭をノックしたが、ヘルメットを飛ばしただけだった。すぐに数人から羽交い絞めにされ、クラブも奪われる。


「ちょっと! どこ触ってるのよ!」


 白衣が少し破れる音がした。三人の男に襲われて、さすがのシュレムも身動きを封じられる。


「コラー! その生意気おっぱいは俺の物だー!」


 僕は戦闘員を一人残らずシュレムから引き剥がすのが早いか、長い蛍光灯を両手に構えながら華麗に振り回し、片っ端から殴った。もちろん、ただのこけおどし。蛍光管は音を立てて粉々に砕け散った。


「誰が生意気おっぱいよー!」


 シュレムは目の前の男二人の首根っこを掴むと、シンバルのように頭同士をかち合わせた。

 彼女の足元に崩れ落ちる二人。……怪力女だ。これがアマゾネスの実力か!

 威嚇するオオカミとジャガーの姿を見て、残りの戦闘員が恐れをなして窓の方に逃げ出す。僕は武器になりそうなものを探した。


「逃がすか!」


 壁に掛かっている丸時計を掴むと、フリスビーのように男に向かって投げつける。見事、メットなしの後頭部に時計が直撃し、戦闘員は下の植え込みに落ちた。


「やるじゃん、二人とも!」


 カクさんに褒められた。そしてスケさんは叫ぶ。


「オカダ君、スタリオンをここに呼び出した方がいいわ!」

 

 スタリオンとは、例の頼りになる高機動車の事だ。……もうとっくに呼び出しているって。

 市民病院から市役所まで自動操縦で10分ってところか。


 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます