思春期ヘルメノイティーク

作者 じんたね

72

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 とても面白かったです。
 特筆すべきは『大人』(教師)と『子供』(生徒)の、それぞれの世界の描き分けです。大人と子供、それぞれが内包する危うさが的確に描かれている(指摘されている)ように思います。途中、何度か視点が移りますが、違和感もなく、群像として楽しめます。教師の日常の描かれ方も自分としては新鮮でした。ごちそうさまです。

★★★ Excellent!!!

●会話文によるテンポよいやり取りが読みやすい。

 ちょっと読もうと思ったら1章、2章と読み進んでいるほど軽妙に進んでいく会話文。気付けばいつの間にかその文章力に引き込まれてたほど。


●会話を重ねることはお互いを知ること。

 それを見事に描く会話文。人物たちの『人間』らしさが徐々に明かされ物語は進んでいきます。
生徒である月島霧子に迫られる教師の国立との関係がリフレインになっている7章ラストは、会話文を私がこれほど評価することにきっと納得できるでしょう。


●1人1人の会話に出てくる言葉が帯びたリアリティー

 教師から生徒への言葉、人から人への言葉、言葉への恐怖、不安、期待、信頼。
言葉を扱う小説だからこそ、深く心に突き刺さるものが他の読者にもあったのではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

 ぽんぽんと進んでいく会話の応酬が心地よくて、すらすらと読み進めていたら、いつの間にかのめり込んでおりました。
 本人ですら自覚していない、人間の本質に迫っていく展開。心を揺さぶられました。これぞまさに一人称小説。
 あぁ面白かった、面白かったです!