ハロー、人間のみなさん。今日から私たち妖怪はあなたたちと一緒に生きていきます。

作者 晴丸

38

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自称「妖怪スキー」です

三度の飯より、妖怪が好きで、それが高じて「妖しい、僕のまち」(以下『妖僕』)という妖怪小説も書いております

奇しくも「妖僕」も人間が主人公で、人と妖怪の共存に奔走する物語です

そのため、本作の主人公、心太くんには非常に共感の念を抱きます

また、ヒロインの乃恵ちゃんの大和撫子ぶりには、胸がキュンキュンさせられます♡

王道的な学園もの、そして有名な妖怪達の登場は、まさに鉄板の面白さですが、その中でいくばくかのマニアックな妖怪の登場に、作者様の妖怪への造詣の深さを察しました

…要は、私と同類ということです。ゲヘヘ(心太くん風に)

妖怪好きな人はもちろん、そうでない方にも純粋なラブコメ小説としておすすめの本作

さあ、あなたもコレで「妖怪スキー」になりやがれ…!!

★★★ Excellent!!!

妖怪との共生はなかなか難しいと思いますが、それを目指して頑張る主人公は共感は持てます。
こういう貧乏神なら欲しいよね(しみじみ)

やかんづるというのが、いいアクセントになってると思います。
あれで性別。。。w

2016/04/04 追記
ぬらりひょんはボスだけあって、面倒見の良い親分肌ですね。
話は良い風に収まりそうで良かった。
あと、先程まで私のレビュー、やかん「ず」るって書いてました。すいません。

★★★ Excellent!!!

キャラクターと感情描写が素敵。元気がもらえます。
妖怪をベースにしていることもあるのか、一人ひとりのキャラクターが立っていて分かりやすい。主人公の妖怪好きが変態レベルで面白い。鈍感主人公だけど、その鈍感さがストーリー上でプラスにもマイナスにも働いてて、御都合主義すぎないのが良い。
展開にも一つ一つが根拠立てられていて、王道でありながら安心して読み進められる。今後の展開がとても楽しみです。