028 スタート地点に少年はひとり


 いかなイスカでも、と言うべきか。

 流石はイスカだ、と言うべきか。


 ガトリング砲二門に加えてグレネードや有線ロケットまで織り交ぜたカーンの全力掃射を前に、イスカは紙一重で命を繋いで前へ出る。

 しかし見る間に鎧も肌もが傷ついていく。そう長くは保たない。

 彼女が敵を捉える前に、彼女の体は砕け散るだろう。


 赤銅色の艶やかな髪が、千切れて宙を流れて消える。

 その厳しい鎧がひび割れ、その美しい肌が傷つく。

 鮮血の代わりに零れていく粒子の光は眩しいくらいだ。


 傷ついていく。美しい、相棒が。残酷に。無慈悲に。打ち据えられて砕け散ろうとしている。

 修二はそれを呆然と見ていた。


 どうしてだ。

 俺のせいだ。


「――ちくしょう」


 ああ、ダメだ、ここでイスカまで無駄死にさせたら、俺はどこまで惨めなんだ。

 耐えられない。そんな自分には耐えられない。


 下らないプライドでもいい。だから今だけは、あれを打ち倒さなければ。


「ち、くしょ……!」


 どうすればいい。脚部関節が駆動を停止。左腕は完全に機能を停止。残る武器は右手のアサルトライフルとヒートソードのみ。ホイールは回る。ブースターは動く。


 どうして戦っているのか。

 そもそも、望んでここにいるわけではない。

 カーンの誘いに乗った、それだけでもない。


 あの日。雨の降る日。

 全身に穴を開けて打ち捨てられた、仮想の少女と出会った。


 そうだ。それが、始まりだった――。


 考えるのももどかしい。イスカが行くならお前も行け。戦いの主役はいつだってイスカだ。

 鷲崎修二は今までそのお零れに預かってきたに過ぎない。


 ならば修二、お前にできることは一つだろう。


 突っ込め。

 そして死ね。


「ちくしょう――!」


 アンダーバレルグレネードを起動して、背に打ち込む。


 大地が土煙の柱を上げた。

 爆発で機体が浮き上がり、壊れかけのブースターが火を噴く。

 脚がガタつきバランスを崩すのも関係ない。グレネードを断続的に後ろで起爆し、投げ捨てられた人形のように速度を得る。


「来よったなぁ! 修二ィ!」

「くそ、くそ、くそ、ちくしょうちくしょっ、ああっちくしょう!」


 グレネードを撃ち尽くすなりアサルトライフルを投げ捨て、ヒートソードを引き抜いた。

 ブースターが爆発に耐え切れず機能停止。エラーにも構わずエネルギーを注ぎ込む。行き場をなくした推進力は溜まるだけ溜まった後、背中で爆発。

 バックパックごとブースターユニットを爆散させて、更に速度を得る。

 草原を滑るモノは、もうドローンと呼べるような形を保っていなかった。


 壊れた人形が慣性で滑る、そんな動作だ。

 なんて不格好。ひどい不細工。


「なんやそりゃ、無様やなぁ!」


 それでも、そう言われることに、もう耐えられない。


「うるせぇぇぇぇぇぇ――!!!!」


 怒鳴った。力の限り怒鳴りつけた。

 そうでもしないと、このちっぽけなプライドさえ壊れてしまいそうで。

 それだけは、嫌だった。


 惨めでも、不細工でも。


 ――何故なら私は、戦うために生まれたのですから……。


 イスカがそう望んだから、修二は戦いの場に立った。

 勝負の場に立った。


 強者だけが純然たる力でもって支配する、残酷な一と零の世界に立った。

 敗者のことなど省みない、争い事の渦中に立った。


 生まれてからずっと打ちのめされて、もういやだと背を向けた、勝負事の前に立った。


 あの時。筐体の中に見た夢も。

 あの時。ゴールポストへ送り込んだ情熱も。

 その全てを強者の手で否定されてきた。

 この場所で。勝ちと負け、ただそれだけの分類だけがあるこの世界で、いつも全てを失ってきた。


 それでも、彼女が望んだから。

 それを叶えたいと思ったから。

 それを、自分にくれようとしていたから。


 ならば、自分が望むことなんて何もない。

 イスカが勝利の余韻に緩める口元、それを疲れた顔で見やることが、この場に立った理由だから。


 小細工もない突進など回避することは容易いと、思うだろう。事実ヴィンテージ・ソルジャーは、どっしりとした動きで確実に回避をしてみせる。

 それでも、逃しはしない。


「甘いんだよッ!」


 動きの鈍い右足を大地に突き立てて、急旋回。

 圧力に耐え切れず足が折れる。構わない。

 壊れた左腕を叩きつけるように、チャージング。砲身が揺れて、砲撃が止まる。

 それでいい。密着するだけで十分だ。


「ちぃ……だから、どうしたっちゅうねん!」


 だが重く巨大なヴィンテージ・ソルジャーを吹き飛ばすのは無理だ。

 だから躊躇わずに、逆手に持ったヒートソードを突き立てた。


 己の胸部へ。


「なぁ――正気かおま」

「ふっ飛べ――」


 分厚い装甲をヒートソードで貫き、致命傷を与えるのは修二には無理だ。二刺しが許される相手でもない。

 だからそれはしない。


 剥き出しになった内部機器を貫いて、ジェネレーターが破壊され、エネルギーが溢れだす。

 仮想世界の燃料と電力が荒れ狂い、火花がそのまま火種となる。

 低速から高速へ、爆轟が加速していく。


 小細工などない、ただの自爆だ。


「――効かへんぞぉ、修二!」


 そうだろう。至近距離で機体が爆発しても、その装甲だ、それだけでは機能停止はするまい。

 カーンの機体はまだまだ健在。


 Breakdownsの文字が踊る。

 それで、十分だ。


「――イスカァッ! やれぇぇぇ――ッッ!!」


 そして彼女が黒く尾を引く。


「しまっ」


 遅せぇ。


 爆風の向こう側、食い違った嘴を緩く引いて、赤金の騎士が嘶いた。

 衝撃に晒され動けない四脚の正面へ。全身から風を吐き出して爆轟を押しのけくぐり抜けたイスカは、貯蔵空気ゲージの全てをつぎ込んで槍を繰り出す。


『――かしこまりました』


 流星、閃くこと三度。

 装甲を切り裂き、内部機器を切り払って、ジェネレーターに深い亀裂を残し、イスカは野原に弧を刻みながら着地した。


 視界を覆い尽くすアラートの向こう側、大地に立つイスカと、山頂に倒れる夏希を見て。


 You Win、という皮肉な言葉に、修二は声もなく呻くだけだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます