029 行路には深く横たわる影がある


『修二様』


 イスカの体に傷はない。

 修二のウェアコンを介してバックアップサーバーからシェイプデータを読み出せば、彼女たちオートマトンは瞬く間に元通りだ。

 両断されたライラウスも、ひしゃげていたマルファスも、今頃ピンピンしているだろう。


「お疲れ、イスカ」


 なんとかそう口に出来た事に、修二は安堵した。

 あまり座り心地のよくないピットの座席に深く体を鎮めて、長く息を吐く。

 出来得るならば、この薄暗い空間にずっといたかった。


『申し訳ありません。失態でした』


 それは、どういう意味だろうか。

 彼女の隠し玉――あの恐るべき光の槍は、彼女自身が何かを恐れるかのようにして、あまり使いたがらない。

 もっと早く使っていればと言いたいのか。使ってしまったと言いたいのか。

 それとも、他の何かだろうか。


「気にすんな。俺が弱かっただけだ」


 それでも、結局はそこに落ち着く。

 修二はやっぱり弱いのだ。イスカがいなければ勝つことも出来ない。

 あんな奇策、追い詰められて退っ引きならなくなってからの捨て身の特攻が、偶然決まったからイスカがとどめを刺せた。


 勝利の感覚はどこにもない。

 修二は完膚なきまでに敗北していた。


 のろのろとカプセルピットから這い出すと、辺り一面から大歓声が放たれていた。

 修二はそれに押されてよろめいた。

 アリーナは勝負の決着に沸き立ち、怒号が渦巻き、混沌とした高揚でいっぱいだった。


 名勝負だ、弟の逆襲、などと騒がれているのを聞いて、修二は苦しくなった。

 そんなものじゃない。あんなものでは勝利とは言えない。勝利とはもっと尊いものだ。偶然で拾った勝利は、苦いだけだ。


 少し遅れて、夏希も隣のピットから出てくる。


「あ……」


 夏希は修二を見るなり顔を耳まで真っ赤にして、俯いた。

 ポニーテールが何度も左右に揺れている。


 回線をアリーナに向けて開いていたのは姉だけで、それも登場時のみだったはずだから、夏希が何を言ったのかは皆知らないだろう。


「あ、えっと、あの、その、さっきのはね、違うの、その」


 惨めだな、と修二は思った。

 見すぼらしい。自分がこんなにも卑小に見えたのは初めてだった。


 せめて、夏希の矜持に恥じないような戦いを。誰にも寄りかからないですむようにと。

 そう思って臨んだ勝負で、結局修二はイスカに頼るしか出来なかった。

 彼女を活かすのでもなく、彼女を助けるのでもなく、ただ己の従者に勝ちをもらっただけのこと。夏希が強敵を下してくれたから、あの試合は勝てたというだけ。


 瞳が開幕から修二を狙っていたら? カーンとライラウスが瞳をかばいに向かったら? 自分はそのとき何が出来た?


「かっ回線、切るの忘れてて、じゃなくてその、だから、ええとね」

「夏希」

「な、なにっ、何かな」


 何かを言おうとして、何も言えなかった。ただただ惨めで、そんな自分が苦しかった。許せなかった。

 こんな対応、夏希だって傷つくのに。 


「……いや」


 まともに会話出来る状態ではないことを修二は自覚して、それでもどうにか声が震えるのを抑えた。

 分かっていても、修二には耐えられなかった。


「ごめん。ちょっと、トイレ」


 そう言い残して走りだした。

 これ以上はダメだった。けれど逃げ出したことにさえ耐えられそうもない。

 苦しい。辛い。悔しい、ただただ悔しい。


 視線が修二を追いかけてきた。


 こちらを見つめるシリコノイドたちの視線、無邪気な観客たちの視線、賞賛を送るファイターたちの視線、怯えたような夏希の視線。

 それら全てを振り切るために、修二は走った。


「しゅうじ、くん? ま、待って修二くん」


 夏希が追いかけようと一歩を踏み出したところで、それをイスカが遮った。


「イスカちゃん……」

『無作法をして申し訳ありません。ですが……どうかお時間を頂けませんか』

「そう、だよね……急すぎた、よね」


 うなだれる夏希に、イスカはやはり、相貌を崩さない。


『気に病むことはありません。勝利は尊く、勝者が正しい……それだけのことです』


 イスカにとってもその考えはよく馴染むもので、けれどそれは、修二にとっては劇薬だ。

 発端はきっと彼女にある。けれど、夏希は何も悪くない。それは全て、修二の問題なのだから。


『貴方は強く、修二様は弱かった。それだけの……ことなのです』


 それだけを言い残すと、イスカの体が紐のように解けて、光子となって飛んでいった。

 光通信回線による高速移動だ。よほど急いでいるんだと夏希は思った。


 唇を噛む夏希の肩を、そっとセレネが撫でた。

 それは実体こそないけれど、夏希はその感触に顔を上げてセレネを見た。


『疲れたでしょ。休憩しましょ』

「……うん」


 夏希は小さく頷いた。


 アリーナの隅へと寄って、夏希は床を見つめていた。


「セレネ」

『なに?』


 夏希はアリーナの壁に背を預けた。ひんやりとして心地いい。全身に篭った熱が、ゆっくりと吸いだされていく。


「私、ふられちゃったのかな」

『……そんな風には見えなかったけど』


 夏希は胸元をぎゅっと押さえて、苦しげに息を漏らした。

 もしそうだったらどうしようか。私のような馬鹿な女は嫌いだって、彼が思っていたらどうすればいいのか。


『イスカも言ってたでしょ。あんな突然不意打ちくらったら誰でもああなるって』

「……そう、だよね」


 修二と夏希の間には、どうしようもない溝があった。それが何か、夏希には分からない。

 けれどそれはきっと、互いを酷く苦しめるだろうと思った。

 嫌だ、そんなのは嫌だ、けれど、でも、どうしたらいいのか分からない。


「どうしたんだ、夏希。そんな顔をして」


 その時、夏希の前に彼女が現れた。

 この前の背の高い青年型アンドロイドを連れた、波打つ肌を持つ女性シリコノイド。


「ししょー。カーンくんも」


 やぁ、と片手を上げて、瞳は夏希の隣に立った。


「……どうしてここにいるんですか」

「呼び捨てでいいよ、負けてしまったしね」


 頭を振る夏希に、瞳は苦笑してその頭を撫でた。夏希は俯いた。


「修二に逃げられたかい」

「……なんで、分かるんですか」

「見てたからさ」

「そっか、ずっとここにいたんですね」

「彼の修行のためにね」


 カーンは頬を掻きながら、視線を逸らした。


「ほらどうしたカーン、君の大好きな巨乳美少女だぞ」

「ほんまやめて師匠、マジでそれは犯罪ですわ。それに、横恋慕はあきまへん」

「どの口が言うんだ君は。いいけれど」


 瞳は夏希の頬に手を当てて、その大きな目で夏希の瞳の奥の奥を見つめた。

 夏希は、されるがままで何も言えなかった。


「……修二は、君と似ている」

「え」

「修二もね、君と同じだよ。勝利を神聖視して……し過ぎている。だからいつも、挫折してきた」


 敵わないなと思った。本当に、見ていればなんでもわかるんだろう。

 私の悩みも、苦しみも、見透かされてしまったようだ。


「君なら、分かるはずだよ」


 私なら。私が、修二くんの立場だったら――。


「苦しいな」


 瞳が驚いたように手を離した。

 夏希はずるずると地べたに座り込んで、両手で胸を押さえて、うずくまった。

 考えるたび苦しくなって、息をしてもしても、足りなくなる。


「苦しい」

「そうだね」

「でも私、修二くんのことお荷物だなんて、思ってないよ……」

「それが慰めにならないことは、君がよく知っているはずだ」

「……どうしたら、いいかなぁ」


 夏希は呻いた。


「わかんないの、苦しいよ」

『……今すぐ思いつく必要はないわよ。時間はあるわ』

「苦しいことばっかりだね、セレネ」

『そう思えるだけ、きっと昔よりマシよ』

「でも、それが嫌だから飛び出したのに」


 夏希は呆然とモニターを見上げた。

 色とりどりの戦場を見れば、誰が勝つかはひと目で分かる。あのビル街での戦闘は、調子に乗ってる飛行型が罠にハマって負け。海上の戦闘は順当に水陸両用のオートマトンが活躍して勝つ。

 慰めにもならない。


『ほら、修二にそんな顔を見せるつもり?』

「……そう、だね」


 夏希は顔をぐりぐりと捏ね回すと、笑顔を作った。

 余計に苦しくなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます