027 それを恐れてうずくまっている



 そして、修二は手を止めた。


「――え?」


 夏希の叫びに頭が真っ白になって、気が付くと機体は地上に転がっていた。


「な、……え?」


 途中から個別回線に切り替えたらしく、姉の声は聞こえなかった。

 ただ、回線の変更なんて暇もなかったのか、忘れていたのか、夏希の声は聞こえていた。

 聞こえてしまっていた。


 動悸が激しく、視界の焦点が定まらなくなる。

 落ち着け、落ち着け、と言い聞かせる自分が既に落ち着いていない。集中できない。

 目の前の敵は間違いなく強敵、今までのカーンとは全く違う、手を抜いて勝てる相手ではないのに。


 その時修二は、「一目惚れ」という言葉に二つ目の意味があったかどうか、必死に考えていた。


「ま、て、待て待て、待て待て待て待て、待ってくれ」

「待てぇ言われて待つやつがおるか!」


 動揺はそのまま機体の操作を荒くする。グレネードの爆発に煽られて倒れかけた機体をなんとか立て直し、修二は震える手で無意味に反撃を試みた。


 待ってくれ、と修二は思った。

 何の話だ、理解が追いつかない、まさか額面通りの意味じゃあないだろう、そんなわけ、そんなわけが。


「質問、変えよか」


 待ってくれ。そんなのおかしい。

 だって見てみろ、俺は何処にでもいる冴えない高校生で、別に容姿端麗でもなければV.E.S.S.が得意というわけでもない、学もないし甲斐性もない。

 ただのガキだ、一人じゃ何も出来ない子供だ。


「女にあんだけ言わせて、こんだけ追い詰められて」


 待ってくれ。もしそれが本当に彼女の本心だったとして、俺はどう受け止めればいいんだ。

 出会ってまだ一週間で、その一週間、夏希には助けられてばかりで、自分から何かを返せたことなんてなくて、悔しいけれど、夏希と自分じゃ釣り合うものなんて何もなくて。


「どうすんねん、お前は」


 待ってくれ。待ってくれよ。


「てめぇはどうすんねん、修二!」


 ――そもそも、病気ってなんなんだよ。




 余裕はない。猶予もない。もう間もなくフェザーダンスは沈むだろう。あれほど動揺していては抵抗は難しい。

 それを咎めるつもりは毛頭ない。動揺するのも仕方がない事だ。

 彼は今、ただの少年でしかない。


 イスカは溜息交じりに銀のゴーレムへ向き直った。


『……ライラウス。残念ですが、時間切れです』

『押し通るつもりか。お前とて無事では済むまい』

『ふ――』


 ほんの少しだけ、イスカは口元を歪めた。

 ライラウスは油断なく両腕を構え、イスカを見た。彼女は誇張や見栄では動かない。その槍を後手に構える鳥の騎士は、本気でライラウスを突破するつもりでいると、彼は見て取った。


『そうですね』


 イスカは意識の隅でステータスを一瞥する。腕部喪失以外はオールグリーン。ゲージは既に最大値。問題なし。


『今まで貴方を侮っていたことを謝罪します、ライラウス。貴方は強くなった……私が脅威を覚えるくらいには』

『言ってくれる!』

『えぇ、ですから』


 ――交喙<いすか>の嘴は食い違う。その穂先が捻じれて開く。


 食い違うように閉じた穂先は、いっそ断頭台にも似ていた。突きですら首を刎ねそうな姿。側面は斧、穂先は鋏。斬る事に特化した形状へと変化する。

 鳥が息を吸い込むように鍔と腹が開く。露出した内部機器は、どうやら何かの噴射装置のようだった。


『貴方の首をもって、私の敵と認めましょう』


 異形の槍。

 それが真っ当な理念で作られた武器でないことは、一目で分かる。

 禍々しい、死を思わせる、捩くれた刃。


 イスカは己の槍の本来の姿を晒し、片腕でそれを引いて構えると、一度だけ修二へ視線を向けた。

 それはライラウスから見て、彼女が初めて作った隙のように見えた。

 その槍の威容と、不明な機能から、先に仕掛けるべきだと彼は考えた。


『ぬぅん――!』


 ライラウスが両腕を打ち付ける。

 起こるのは電撃ではなく、衝撃波。

 イスカの周囲へ直接生まれたそれは、波打って全方位から中央へ――イスカへと殺到する。


 睨み合いの中で用意していた一撃。

 軽装甲高機動型のイスカは、回避を封じれば怖いものではない。


 イスカが、まさにその一手を待っていたのでなければ。


『参ります』


 虚空に三日月。

 落ちるは影。


 ライラウスは、何が起きたか理解できない。


『馬鹿な』


 その槍先が光り輝いた時には、彼女はそれを振り切っていた。

 黒く、先を見通せない底なしの闇に似た軌跡。


 イスカは、まるで当たり前のように空間そのものを断ち切ったのだ。


 初めから、イスカの狙いはカウンター一本だった。

 はっとした時には、その当人が目の前にいた。


 いん、と戦闘機にも似た高音。

 普段とは違う何かを噴出して飛んだイスカの速度は、明らかに速すぎた。


 その凄絶な槍捌きに比して、むしろ彼女は脱力している。

 まるで自然に、コンパクトに、ほんの少し槍を引くだけ。


 その噴射口から吐き出しているものがプラズマだと、カーンはようやく気がついた。その時にはもう、槍は輝きと共に滑り出していた。

 黒々とした軌跡はまるでそこに何もないかのよう。

 まるで主体が槍にあるとでも言わんばかりに、彼女の手捌きは緩やかだった。


 咄嗟に放った電撃さえも、その槍の前に消え去る。

 赤金の風が吹き抜けた。


『粒子機械、そのものを――』


 断鉄の音は鈴の音に似ていた。


『誇りなさい』


 黒く尾を引く軌跡は、死神の鎌のよう。


『貴方は、私にこれを使わせた、初めての相手です』


 ほんの一瞬の残心を溜めに、切り飛ばされたライラウスの体が落下を始めるより早く、イスカは疾風となって駆け出した。

 真正面から、カーンの操るヴィンテージ・ソルジャー目掛け。

 その機関砲が丁度自分を狙ったのを見て、イスカは不敵に微笑んだ。


 絶望的な弾幕へと、イスカは無造作に踏み込んだ。




 こりゃ俺の負けだな。

修二は苛烈な現実とはあまりに場違いな、そんな温い感想を抱いていた。

 あまり多くのことを考えられない。脳みそは今、現実を認識しようと必死だった。


 何かの爆発物が足元をえぐって、フェザーダンスが横転する。


 待ってくれよ、と修二は世界に投げかけた。

 世界は当然のごとく、修二のことを跳ね飛ばした。


「くそ……くそっ」


 転がったまま、ローラーを地につけてみっともなく横へ転がる。遅れて着弾したミサイルか何かの爆風に煽られて、ごろごろと無様に転がる。

 立ち上がる前には、砲弾が殺到することだろう。


 こんな所で格好悪く敗北を喫している自分に、あの太陽のような穢れない少女が、雛森夏希が、惚れたのだという。

 そんなの、悔しい、力が足りない、ああ、くそ、くそ、そんな寄りかかり方は――。


「ちくしょう……!」


 ――惨めだ!


 惨めじゃないか! 情けをかけられるよりずっとひどい!

 勝てもしない、胸も張れない、何のためにゲームをしているのかも分からない俺が、あぁ……どうして!


 どうして!


 ぶおお、とガトリング砲が回る音がする。フェザーダンスは装甲を削り取られていく。左腕損壊。脚部異常発生。内部機器損傷。

 もう保たない。


 その時、土にまみれて汚れた丸い銀色の装甲に歪められた、赤金の髪を見て取った。


「はっ! そこで転がっとれ、修二!」


 騎士は果敢にも吶喊していく。

 その砲身がフェザーダンスから外れ、ゆっくりと、赤金の騎士へと向いていく――。


「や、め――」


 そして、無数の砲弾が雪崩を打ってイスカを襲った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます