021 全てはとっくに始まっていたのだと

 戦場は――広域ステージ、丘陵地帯。

 丘と山と森が同居する自然に溢れたステージ。市街地系と比べて地形それ自体の起伏が大きく、それでいて障害物は十二分にある。

 特筆すべきは通例より二倍長い……面積比にして四倍差、一キロ四方のステージだということ。


 予選試合で時折選ばれる広域ステージは、本戦で使用されるマップサイズに等しい。予習の意味合いがあるということだ。


「夏希、セレネ」


 修二は一つ心に決めた。


 何でもかんでも夏希におんぶにだっこじゃ情けない。

 自分も戦えると証明しなければ、居心地が悪い。


「俺らでカーンを……あいつをやるよ」


 丘の中央に立つカーンを見据えて、修二はそう宣言した。


 それは明らかに慢心だった。

 修二はそうと気付かないけれど、その相棒は、それを何とはなしに感じ取っていたのだろう。


 物言いたげなイスカの一瞥に、修二は少しだけ早まったかと後悔する。

 だが、すぐにイスカは前へ向き直った。彼女と修二との契約は、そういうものだ。


 夏希は獰猛に笑ってみせた。


「もう片方は頼んだ」

「まっかせて」


 修二はイスカを伴って、草原へと降りていく。

 夏希は、姿の見えないもう一人を探しに機体を走らせた。


「久しぶりだな、カーン! ちょっと学校サボり過ぎじゃねぇのか?」

「せやかて仕方あらへんやろ。そんくらいせんと勝てへんからな、お前には」


 カーンの機体は無計画な増築を経た戦車ではなかった。

 旧式の物理戦闘用ドローンを模した、重量級四足歩行型『ヴィンテージ・ソルジャー』。

 彼の拘りである大量の火器は変わっていないが、修二の目にも厳選してきたことが伺えた。


 そしてライラウス。見た目こそ何も変わらない、二メートルを超す銀の巨人だ。

 しかしイスカに相対する姿は、今まであった素人目にも分かる隙がなくなっていると感じられた。


『イスカよ。今日は……負けぬ』

『……なるほど、自主休講の甲斐はあったようですね』


 ――間違いない。この四日、たった四日だけれど、カーンとライラウスは強くなって帰ってきたのだろう。

 修二の中で何かが疼く。それはとても、苦い味がした。


 カーンは決然と声を張り上げた。


「タイマンや」

「なに?」

「俺らとお前らで勝負。俺の師匠とお前のツレは俺らに攻撃せえへんこと。師匠にはもう許可取っててん、気にせんでええ。……逃げへんよな、修二」


 覚悟を感じさせるその声に、視線は自然と映像回線の向こう側に向いた。夏希は、満面の笑みで頷いた。

 修二はごくりと喉を鳴らして、銃器を構えた。


「いいぜ。相手になってやる」


 そう言いながらも、修二は思考をやめられなかった。何か大事な事実を見落としている気がした。


 なぜタイマンと言いつつタッグ戦を挑んできたんだ? 一対一では勝てないからか? ならあんな発言はしないはずだ。

 そもそも夏希がいるのに勝算が増すわけがない……そうじゃないな、と修二は首を振った。

 予選の中で戦いたかったからか? 動機としては弱く、修二はその案を捨てた。


 彼我の距離は二十メートルほど。距離を詰めればいいだろうが、前の鈍重な戦車と今の四脚型を同一視していいかは疑問だ。慎重に、まずは射線を切るべく森へ逃げるべきか。

 カーンもライラウスも動かないが、油断がないのは見て分かる。程度は違えど、動けば撃つと言わんばかりの攻撃的な警戒の仕方は、どこか夏希と似ていた。


 睨み合いの中で、修二はひたすらに考え続ける。

 そもそもこのサードにいるBYE持ちは何人だ? 外からやってきたのでなければ、セプテントリオンを根城にする『荒らし屋ブルーザー』と『狩猟者プレデター』。


 そして……そして。


 ――『鷲の目イーグルアイ』だ。


 気がついた時には、修二は咄嗟に叫んでいた。


「夏希、避けろ――ッ!!」


 そして叫び声とほぼ同時に、夏希は大きく後ろへ飛び退った。

 閃光は二条、槍よりもなお鋭く地を突き刺した。セレネは紙一重でひらりと躱し、アポローンの肩に降り立つ。


『っ、どこから!』


 言うまでもない。彼女なら、一番高くに立つだろう。修二はそれを知っている。

 彼女は自己顕示欲が強い。狙撃手でありながら。


 この場で一番高い山の頂には、逆光を背に立つドローンが一つと、機械で出来た鴉が一羽。

 その勇姿を知らぬ者が、この場に、このアリーナに、全ての観戦者の中にいるだろうか?


「避けるか。昔はよく、これで仕留めたものだが」

『主よ、甘く見るなよ。蝋細工であろうと空飛ぶ猛獣、同じ手を二度食うほど甘くはない』


 四足歩行型、長距離戦闘型ロールドローン『サジタリウス』改修機『ワンショット・ワンキル』。

 装備は実弾・光学・粒子、三種の狙撃用ライフルと、小型オートドローン『トラップメーカー』。


 そして鴉型オートマトン、マルファス。

 装備は腹部と嘴内部の可変式ビームライフル。翼の剛性実体ブレード。尾と翼と胴体にはそれぞれブースター。


「やぁやぁ皆様ご機嫌麗しゅう。いやはやかれこれ……九ヶ月かな?」


 昨年における全国大会の覇者。ニューウェーブの先駆け。静的スタティクス戦闘の専門家。

 世界大会終了以後、長らくV.E.S.S.の最前線に姿を見せなかった女。


「遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ!」


 修二の姉。


「――イーグルアイ、鷲崎瞳が帰ってきたぞ!」


 彼女の煽りに会場が揺れた。歓声は渦となって大気を揺らす。アリーナの描画が揺れた気がした。

 粒子機械をも震わせる英雄の凱旋は、防音のはずのカプセルピットの中でまで反響していた。


「今年はタッグで勝たせてもらおう! 今日は顔見せついでに、馴染みの顔を見に来ただけだがね!」


 高らかに歌い上げる彼女はまるで役者にでもなったかのよう。

 修二の目には見えないけれど、その体を上機嫌に波打たせている姉の姿が想像についた。


 そしてこれは間違いではなく、観戦者の視線が修二に集まっているだろうことも感じた。プレイヤーネームを見れば一目瞭然。

 イーグルアイの弟であることを、修二はなるべく隠していたのに。


「姉さん、どうして」

「そんな声を出すなよ、修二。今日はついでなんだ。カーン君がしょぼくれていたから、つい拾って鍛えあげてしまった」


 つい、でそんなことをされてたまるか。修二は呻いた。

 四日。四日まるごと姉にしごかれたというのなら、カーンはもう別人だろう。姉の課す訓練に容赦などないということは、修二も嫌になるほど知っている。


「随分大勝ちしているようだし、ここらで修二も名を挙げるべきじゃあないか?」

「そんなこと頼んでねえよ」

「おや、どうしてだい。不世出の殲滅者ラストスタンドと無名のファイターじゃ、だろう?」


 ――修二は耐えかねて、視線を隣……映像回線へ向けた。


「まぁでも、今日の狙いは修二じゃあないんだ」


 初めから狙いは夏希だったというのか。

 こんな演出のためにわざわざタッグ戦を挑んできたのだろうか。いったい何故。


 警告しようと口を開いて、修二も言葉を失った。夏希が呆然呟いた一言に。



「――ししょー……?」



 その呟きは、修二の心を殴りつけるようだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます