Episode.Ⅰ そして戦いの鐘が鳴る

一章 敗け知らずの少女

  004 姉弟:N




 赤い車。


 赤い、二人。


 ――白い部屋。


 白い天使。


 それが、私の原風景。



 ばかだなぁ、と思う。

 こんなことをしていたら、私はいつかきっと破綻する。

 そう知っていて、それをやめられない。


 もう、あんな場所にはいたくない。

 現実なんて複雑でぐちゃぐちゃで私にばっかり厳しくて、だいきらいだ。

 だから私は、空を飛びたい。



 いつだって、太陽のように眩しいものを目指していた。



 この塔から出たいんだ。

 翼が欲しい。

 遠く、遠く、あの太陽まで飛んでいきたい。


 たとえその先で、翼が溶け落ち、海の深くに落ちていくのだとしても。


 私は……一度出た塔に戻ることは、出来ない。


 与えられた翼を捨てることは、出来なくて――。

 でも、一人は寂しくて。


 ね、もしかして君も、空を飛べる人なのかな?









 ドアを開けると、小難しい顔をした弟が立っていた。

 夏希は先手を打って耳を塞いだ。


「姉さん、まーた無理したでしょ」

「あーあー、きこえなーい」


 開口一番のお小言から逃げるようにベッドに飛び込み、ばたばたと足を振る。


「子供じゃないんだから……もう。服装もさ、もっとちゃんとしてよ」


 夜も更けようという頃。普段なら夏希もそろそろ寝る時間だったが、今日は翌日の準備で少し遅くまで起きるつもりだった。

 下着にパジャマの上だけという格好にまで及び始めたお説教を、夏希は遮ることにした。


「そー怒らないでよ真冬。深い事情があるんだって」

「またそんなデタラメを」


 二の句を継がせないよう、夏希は仰向けになって視線を合わせる。

 嘘ではないと理解したのか、弟、雛森真冬は口を噤んだ。


「すっごいヒト、見つけちゃったんだ」

「すっごいヒト、って」

「私が体当たり食らっちゃった。油断したけどさぁ、ただのフェザーダンスでだよ?」

「……正気?」


 真冬は静かに驚いていた。

 体当たりなんて直接的な攻撃を食らう姉ではないし、そもそもフェザーダンスは中距離を保つことに向き、機体の駆動系もそれに合わせられている。

 可動範囲が狭く瞬発力に乏しく、有り体に言えば近距離戦に弱い。

 そんなもので姉にチャージングを当てるとなると、よほど近接戦闘に才能があるのか、目がいいのか。


「あ、そだ。キックマニューバ改善出来ないかな? オートマトンも蹴りたいんだけど」


 雛森真冬はサイバーエンジニアだ。

 まだ学生であり、正規の技術者ではないけれど、技術だけであれば既に実地で身につけている。彼らの父親はエンジニアであり、弟は仕事場についていってまで父親の知識を貪欲に吸収していた。

 というよりも、彼の技術を鑑みれば、彼は既にプロと呼ばれるべきだろう。

 オートマトンの戦闘機動マニューバまで改変出来るサイバーエンジニアは多くない。雛森家の家長も、そしてその息子たる真冬もその多くないうちの一人だ。


 姉も姉だが、弟も大概に天才だったのだ。


「いいけど、正直あれでも汎用性と機体性能間で限界が……って、それとこれとは話が別で」

「だからさー。すっごいペアだったんだって。飛んだセレネにぐいぐい食いつく近接型の子と、あの場で私にチャージングしてくる度胸のあるヒト、スコアもすごいよ。キルとダメージ、流麗アドミラリーキルと一撃ワンショットキルボーナスでスコア四位、予選突破!」


 夏希は両腕を大きく広げた。真冬は首を傾げた。


「でも、勝っちゃったんでしょ?」

「うん。ちょっとアツくなりすぎて。ずばばーっと」


 身振り手振りで表現しようとする夏希だが、抽象的すぎて伝わっていない。

 その時、彼の鼻先にARディスプレイが開いた。


『はいはい、そんときの映像。私の視点じゃなくて録画映像の見やすいやつね』


 重いシルエットのアポローンが軽快に動き、フェザーダンスをメッタ斬りにする一部始終を見て、真冬はいよいよ溜息を吐きたい気分だった。


「あーあ……ありがとう、セレネさん」

『気にしないで、このくらい』


 真冬が振り返ると、セレネが浮いていた。火照った肌は少しだけ赤みがさし、しとどに濡れたライトグレーの髪は可愛らしく結い上げられている。

 色気たっぷりのバスタオル姿だけれど、それでも普段より露出が減るのがセレネというオートマトンだ。

 オートマトンでも風呂には入る。仮想の、だが。


『まぁでも、マグロ相手にして熱を上げる夏希ってのも珍しいけど』

「セレネさん、下品」

『あーら、ごめんあそばせ』


 セレネは態とらしくおほほと笑って、それから夏希に視線を戻した。


『どういうつもり? 特にあのイスカって女は相当な腕だけど……でも、あんたが注目してるのはそっちじゃなくて、うだつのあがらない童貞くんでしょ?』

「あー。うん、まぁ……そうだね」


 夏希は頬を掻いて、内心で修二に「別にそういうつもりはないよ」と言い訳した。


「ひと目で、なんかね、ぴーんときたの」

『ふぅん?』


 懐疑的な二人の視線を、しかと見返す。

 そしてすぐ、


「こっち側のヒトだと、思うんだよね」


 その燃え上がる目がどこか遠くを見つめ、一方二人は思案した。


 夏希の直感は当たる。その勘の根拠は、明示できないだけで存在する。

 セレネは、そうは見えないという懐疑を。真冬は、どんなヒトなのかという興味を抱いた。


「それは……姉さんみたいな?」

「さぁ? それは追々分かるんじゃないかな」


 夏希は肩を竦めた。


『ほんとにね。夏希がこんなに入れ込むのは初めてじゃない? まさかあんなに積極的にアタックかけるなんて……』

「そうかな。……そうかもね」

「ちょっとまって、どういうこと?」


 疑問符を浮かべる弟に、夏希は少しだけ瞑目した。


「ん? ……いやね、ちょっと嫌味かなとは思ったんだけどさ――」


 傲慢に。泰然と。彼女を突き動かす勝者の哲学のままに。

 目を開いた彼女が告げる結論は、真冬には到底理解できなかった。


「――その人とチーム組んだの」


 とかく真冬は、彼女のチームメイトの行く末を案じずにはいられなかった。

 もしも縁があったなら、可能な限り手助けをしてあげたいくらいに。


「……ちなみに、お相手さんのお名前は?」

「鷲崎修二くんと、イスカちゃん」


 夏希が告げたその名前に、真冬は度肝を抜かれた。


「鷲崎、ってそれ――『イーグルアイ』の弟さんじゃないか!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます