002 騎士と天使

 イスカは初速さえ得れば飛行型も真っ青の速度で移動できた。こうなれば後は交戦地点までひとっ飛びである。

 風景が線となって流れていき、目標地点へと近づいていくその中で、イスカは訝しげに眉を顰めた。


(静か……過ぎる)


 戦闘音が一切しない――。

 その意味を理解すると同時に、イスカはアーマースカートの前面を開き大きく地を蹴って、斜め上へ飛んだ。


 ビル群を抜け、視界がぱっと開ける。


 目標地点は、幹線道路の大型三重交差点だ。新東京の中心から、新宿祇園と都庁、旧都庁を結ぶ直交点。

 本来空中道路を忙しなく飛び交うフライヤーも、三重交差点をすれ違う自動車も、今は煙を吹いて動きを止めた障害物になっている。


 交差点を中心に戦闘の痕跡。そして障害物――ドローンとオートマトンの残骸が点々と転がっていて、それらは撃破判定を受けて消滅しつつあった。


 三重交差点の一番上に、白い影。

 シェイプは外観重視の、肉感的で妖艶な女性そのもの。背中のアタッチメントに翼のような装備をしている。

 長方形の機械の板を十二枚等間隔に並べたそれは、ただの翼にしては少々物々しい。装備はそれ一つのみ。


 紡いだばかりの絹糸を思わせるライトグレーの長髪と、青白い肌。細められた満月のような金色の瞳に映る、己の赤金の髪。


 イスカの視界の端で、最後の残骸が消滅した。


 躊躇いなく、イスカは急降下を開始した。その速度はそれこそ瞬間でイスカを敵の眼前へと運ぶ。

 勢いを殺さぬよう、攻撃は刺突。脇でがっしりと構えられた穂先は事実、戦車であろうと一突きにする。

 白い天使は、その突進を半身になって避けた。


 イスカは地に足をつけると、そのまま駆け出す。水平な跳躍は飛行の勢いを殺さぬため。当たると思っての突撃ではない。


(やはり偶然居合わせた他人ではない)


 翼だと思っていたそれがイスカを照準するのを見て、イスカは確信する。


 観測が一分前。激突が四十八秒前。たったそれだけの時間で、この女は五対五の乱戦に飛び込み、それを終わらせたのだ――イスカは一層気を引き締める。全力で仕留めなければならない。

 獲得可能なスコアは予定より大幅に減じた。修二にそれを伝達する余裕は、今はない。


 赤い粒子弾ビームが撒き散らされる。イスカは構わず走る。イスカの残像とも言うべき影を、光弾は鋭く抉っていった。

 長方形の板の翼の先には銃口が存在した。翼それ自体が粒子ビーム兵装なのだろう。それでも、その照準がイスカを捉えようとするその速度よりも、逆に先回りさせるその動きよりも、なおイスカの方が速かった。


 口元が釣り上がったのを、イスカは確かに見た。

 天使の女、色彩の薄いあの妖女は、まるで運命の人と巡りあったと言わんばかりに微笑んだ。


『いいわね、あなた』


 咄嗟にイスカは槍を大地に垂直に突き立て、両手で柄を掴んで飛んだ。

 角度の狂った器械体操、振り子を思わせる動きで騎士の体は急転し、その足先を赤いビームが掠める。

 急激な方向転換にまた少し運動エネルギーを失いながらも、イスカの疾走はまだまだ十分、風と呼ぶに相応しい。


『これはどう?』


 銃口が照準を捨てる。

 散弾のように撒き散らされた粒子弾は、点ではなく面での制圧を目論んだもの。

 高速機動格闘戦が信条のイスカにとっては天敵の――だからこそ対策済みの攻撃。


 試されている。イスカは気に食わない。

 速度を落とすまでもない。その程度だと思われたのなら心外だ。侮辱ですらある。


『お茶請けには、少々甘すぎるかと……』


 ビームの壁はイスカをすり抜けていった。


『胸がないと回避も楽そうね?』

『翼があると避けるのは大変でしょう?』


 種も仕掛けもない。隙間に滑り込んだだけ。吹き鳴らされる口笛を前に、騎士は表情一つも変えない。

 己の力量、見誤ったなら好都合。この場で仕留めるとイスカは決めた。

 イスカは跳躍する。


『参ります』


 イスカはさえずる。


『な――』


 イスカは嘲る。


 瞬間的に大量の、何処から得たかも分からぬ量のジェットを吐き出し、イスカの体は爆発的な加速を見せる。

 軽い彼女を飛ばすにはオーバーな、腰と脚部のジェットエンジン。イスカの翼は取りも直さずそれだった。


 天使が間抜けな顔を見せる。不意を突いた急加速。

 須臾で詰まる彼我の距離が互いの有利を決定づける。イスカの一足は長く、それは決して目で測りうる長さではない。

 一刀の間合いになど、とっくの昔に捉えていた。


 虚空に三日月。断頭台は空を舞った。


『――ぁんてね?』


 鈍い金属音。

 女を包むように鋼板が並び、その一撃を受け止めていた。小揺るぎもしない女の翼と、小揺るぎもしないイスカの表情。小賢しいとも思わない。その程度で死ぬ相手ではないとイスカは理解していたし、だからイスカは動きを止めることもなかった。


 勢いを受け切られる前に槍先を滑らせて回転、そして地を蹴る。

 振り上げた足が頭を越え、イスカの天地が入れ替わる一瞬でパルチザンは三度瞬き、それらを全て翼が阻む。


 独楽のように回転しながら落下するイスカは、その過程でさらに身を捻った。自然と槍は引き絞られる。


 振り返ろうとする女を見る。狙うはその頚椎への一突き。翼という体裁を取る以上、どうしても背の芯だけは防げない。

 そしてこの距離において、イスカの一閃はそのまま必殺だ。動作はあくまでコンパクトに、羽根のように柔らかく、力を抜いて。


 ――交喙いすかはしは食い違う。

 その槍の先が捻じれて開く。


「いくよ、セレネ」


 イスカは、獲った、などと高揚することはない。

 だから今まさに槍を突き込もうとした一瞬、翼の女が獰猛に笑ったのにも気付いたし、突然現れたそれにも気付くことができていた。


 二人の頭上に影が差す。

 使い捨てのステルス装置をかなぐり捨てて、鉄塊が降ってきた。


 軽量級近接型ドローン『アポローン』。軽量級でありながら、重厚な装甲と高い出力、異常に少ない積載量ペイロードという異端の機体。

 天高く振り上げられたその手には機体を超えるサイズを誇る巨剣。

 否。天高くと見た刃は、眼前にある。


 イスカは咄嗟にジェットを吐き出し、かろうじて鋼の瀑布から逃れ出た。


 持ち上げられた重厚な壁の向こう、天使は翼をこちらへ向けて、口元を細く歪めていた。


『あぁ……ゾクゾクしちゃう』


 続くビームの掃射を横っ飛びに避ける。その先に巨剣の一閃。僅かにジェットを吐き出してホップし、背面跳びの要領で剣を躱した。後ろ髪を掠める暴力の塊には目もくれない。

 視線はそのドローンに釘付けだった。


「やるねぇ、キミ」


 呑気な声が響く。少女の声だ。年頃は彼女の主と何ら変わらない――だというのにイスカの背を悪寒が駆け上がる。

 こいつはまずいと本能がアラートを鳴らし続けている。


 あの天使の女も恐るべき使い手だ。

 ――だがこいつは。このドローンを動かす女は。


 まるで人間のように一回転したドローンを見て、イスカは久方ぶりの恐怖を味わっていた。

 その動きの滑らかさ。推進装置に頼らない、重心と四肢を使った移動。操縦桿でできる動きとは思えない。


 イスカは己を一人の武芸者だと考えている。オートマトンとしては骨董品もいいところの彼女は、その槍一つであらゆる敵を打ち倒すために、ひたすら技術を磨いてきた。

 だから余計に錯覚した。その足捌きにまで一本筋の通った理合い、ドローンで出来るとは思えない細やかな制動から生み出される動きの妙、それはアポローンという名の無骨で角ばった鉄の巨体ではなく、血と肉の通う熟練の剣士にしか見えなかった。


 死を覚悟し、足掻ける時間を想定する。

 その実力で負けたとは思わないけれど、それ故話は至極単純、サイズ差を前に勝ち目がない。


 大人と子供、槍と剣。リーチの差は実力を超えるアドバンテージで、ましてや実力恐らく伯仲、急所に届かぬイスカの槍と、只管巨大な相手の剣――どちらが勝つかは明瞭だった。


 だから。


「イスカ――ッ!!」


 修二の叫びに、彼女は少しだけ救われたように思った。


「え、嘘、まっ……」


 フェザーダンスとアポローン、真正面から激突し合った二機が絡まり合って吹き飛んでいくのを、イスカは半ば傍観者の体で眺めていた。

 目を瞠るような機体操作の妙。少女の注意がイスカへ向いていたことを考慮しても、イスカ自身が目を疑うほどにキレた操縦。


 忘我は一瞬。


「イスカ!」


 いつも間の抜けた主が体を張った、そのことがイスカを奮い立たせた。


「そいつを頼むぜ、騎士様!」

『……殿方の言うことではありませんね』


 それだけ言い残して、互いに正面の敵と向き合った。

 無理だ。修二ではあのドローンには勝てない。力量差が違いすぎる。

 けれどそれが最善だ。修二が引き付けている間にイスカが天使を撃墜し、二対一でもって勝利する。それしかない。


 過去にないほどに奮い立つ主の姿、凡庸とは言えない彼の動きに、イスカは一分の希望を見た。


 ――誤算は、二つあった。


『言っておくけど』


 超然と言い放つ天使は、空中にいた。

 砲台だったはずの翼は赤い噴射炎を吐き出し、その妖艶な体を地から浮かせていた。


 埋めようのない、距離という差。見下ろす天使と見上げる騎士。槍の届かぬその間合い。

 イスカは一分の希望が五厘程へと減ったのを感じた。


『貴方達の敗北は決まっているのよ?』


 ――一つは、天使が本気を出していなかったこと。


「ふふ」

「づっ――!?」


 蹴り飛ばされるフェザーダンス。

 修二がどうにか着地する頃には相手も体勢を整えていて、その眼前に、もう一本の巨剣が顕在オブジェクト化した。


「さいっこうだ」


 巨剣の二刀流。馬鹿げた発想だと修二は思った。大きな剣を二本振れば強い。だがそれは使いこなせればの話だ。

 そしてイスカが手こずるような相手が、使いこなせない物を呼び出してくるはずがない。修二はそう考え、それが相手の本気だろうと、半ば自棄になって考えた。


 相手は強化アスファルトに突き立つ巨剣をがしりと掴んで、左右へゆらりと広げて構えた。


 所詮は仮想の機械だというのに、その一歩は鬼神の如くに感じられた。



「さいっこうだよ――キミ」



 一つは。

 その少女を本気にさせてしまったこと――。




「なんだよ、それ」


 十秒経った。

 フェザーダンスの四肢は切り飛ばされてビルに突き立ち、腰から下が分離したところ。まさに今、修二は縦に叩き割られる最中だった。


『修二様!』

『よそ見なんて! いい度胸ねっ!』


 ――大破Breakdownの文字が踊る。


「どうやって、勝てっつーんだ……」


 視界がブラックアウトする、その寸前に修二が見たのは。


『ぐ、っ――』


 投げ放たれた巨剣に胴の正中を貫かれ、ビルに縫い止められたイスカだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます