第一四話「慟哭の東埼玉道路(五)」

「流美! るみいいぃぃぃ!!!」


「落ちつけ、庸介!」


 倫は静止するが、庸介は聞く耳をもたない。


「くそがああぁぁぁ!!」


 咆哮のような声をあげながら、庸介が弓を絞る。

 興奮状態の彼を見ながら、倫は対照的に心が落ちつきはじめる。


(どうする!?)


 とりあえず敵を注視する。

 視線追従アイ・トラッキングセンサーが働き、敵が認識される。


――Warning:ARC名【ラン・ズエゥバー】 レベル10

――【Type-I】


(レベル一〇か。さっきより高いな。どのぐらい違うんだ……)


 全長は一〇メートルぐらい、高さは三メートル近い。

 藍色に近い青と、クリーム色の縞模様のような胴体。

 それが、ズルリズルリと道路のコンクリートを擦っている。

 その跡に残る少し黄ばんだ粘液が作るシミ。否応なしに、嫌悪感を抱かせる。

 せわしなくギョロギョロと左右に動く、頭上の巨大な独眼。

 しかし、全体の動きは緩慢だ。

 やっと見つけたのか、庸介へ頭を向けはじめる。

 Sの字に体を曲げる、ラン・ズエゥバー。

 その巨大な口が牙を剥く。


 ――刹那、一気に伸びる巨体。


 庸介を覆う、跳びあがった黒い影。


 通常の移動が遅いだけに、その跳びかかる速度が異様に速く感じられる。


「――せっい!」


 しかし、易々と横飛びして避ける庸介。

 彼は激しく手を前後に動かし、容赦なく矢を次々と撃ちこんでいく。

 その隙を狙ったように、二体のフィーア・アルムバインが庸介の背後から迫る。


「――庸介、後ろ!」


 倫の喚起に、庸介は間髪いれず飛び退いて、そのまま背後に弓を構える。


貫通槍ペネトレイト・ランス!」


 それは咄嗟にしては、恐ろしく正確な攻撃だった。

 放たれる、長く伸びた光線のような矢。

 それは、フィーア・アルムバイン二体の頭を串刺しにする。


(すげぇ。あんなこと、普通の人間にできるのかぁ……)


 倫は、彼のその神業に感動する。

 怒りで興奮しているというのに、絶妙な発射角度を調整したのだ。

 そしてすでに庸介は、ラン・ズエゥバーにターゲットを戻して攻撃を仕掛けている。

 激しい。まさに鬼神のごとき戦い方だ。

 そのおかげで、この嫌悪感きわまりないARCの意識から、倫の存在は外されているようだった。


(庸介は、大丈夫そうだな……)


 彼の動きに、倫は余裕さえ感じた。だから、自分は別のことをする。


「あった!」


 目的の物を見つけて走りよる。

 スラッと長い、きれいに手入れされた爪の並ぶ指。

 食いちぎられて、弾け飛んだ流美の右手。

 それは、断面から覗く骨と肉が噛みつぶされたようにひしゃげていた。

 しかし、それでも倫はそれを拾う。

 今までと同じなら、あの表示がでるはずだと注視する。


――Repairリペア typeタイプ Augmentedオーグメンテッド

―― RequirementリクアイメントClearクリア


(……よし!)


 再生するにしても、あのARCアークの目の前ではよろしくない。

 拾いあげると、橋の袂の方まで一気に走る。

 そこに立っていたのは、先に行ったはずの緋彩。

 しかも、どこからか探してきたのか、タオルケットらしき物を持っている。

 それはもちろん、この手首の主のためのものだろう。


(なぜ彼女は……)


 疑念が浮かぶも、倫はそれを後回しにする。どうせ彼女には、いろいろと聞きたいことがある。


 流美の右手を地面に置くと、千切れた部分から光の粒子がこぼれだす。

 キラキラと眩く光っているのに、優しい温かい光子。

 不思議と強い陽射しの中でも、確かな存在感を放っている。

 光は、どんどん伸びていく。

 そして、それは明らかに人の形を成していく。

 庸介の時と同じ現象。


「クキリンくん。君は後ろを向いた方がいいと思うです」

「……あっ! はい!」


 緋彩の警告に、慌てて倫は回れ右する。

 そんなことまで頭が回らなかった。

 もし見てしまったりしたら、流美にも庸介にも申し訳ない。

 そう考えながら、庸介の方を少しうかがう。

 まだ、戦闘は続いているようだ。


「…………」


 タオルケットが空気をつつむような音。

 続いて、流美の「えっ!?」という声。

 そして、背後で二人が立ちあがる気配。


「クキリンくん。もういいです」

「……星野木さん!?」


 ふりかえると、水色のタオルケットを外套のようにして体をつつんだ流美が、呆然とした顔で緋彩に支えられていた。


「よかった……」


 倫は心底安心する。

 これで少なくとも、庸介が自棄をおこすことなどはないだろう。


「クキリン……私……どうなって……」

「今はいいから、とにかく逃げて! 緋彩さん、頼みます!」


 うなずいた緋彩が、そのまま彼女を引っぱって橋を渡って新方川にいがたがわを越えて始める。

 倫はそれを確認すると、すぐさま庸介の所に向かおうとした。

 肝心の庸介がやられてしまっては、元もこうもない。

 しかし、ちょうど庸介を見つけた時、手助けの必要はないとわかる。


――Dead:ARC名【ラン・ズエゥバー】 レベル10

――Congratulation!!

――Get:10point!


 すでに向こうから、庸介が小走りにやってくる。

 あのでかいARCアークの姿はなく、ちょうど彼の背後で光の粒子が消え失せている最中だった。


(やっぱり、レベル一〇なら庸介一人でも斃せるのか……)


 その事実を倫は噛みしめる。

 多少、手間取ったようだが、それはきっと最初だからだろう。動き的には、さほど危なげな様子もなかった。なれれば数匹でも相手できそうだ。

 ただ、油断はできない。庸介がどのぐらいのレベルならば、安定して斃せるのかを正確に把握しておかなければならない。


「クキリン、さっきのは……流美だよな!?」


 半泣きになっている庸介が、駆けよってくるなり訊ねてくる。

 まるで、「違うとは言わせない」と言わんばかりの迫力だ。


「ああ。もちろん。庸介のお腹と同じだ。全身が復活して蘇ったよ」


「そっ……そうかあぁぁ~~~ぁ」


 庸介が、腹の底から安堵をもらした。

 倫も安心する。

 やはり、ヒーローにはヒロインがつきものだし、ヒロインはヒーローにとって力になる。だから、「庸介ヒーロー化計画」において、彼女を失わせるわけにはいかないのだ。

 ただし、という疑問もある。「人を蘇らせる」現象である「拡張型修復」は。悪い予感しかしない。

 彼は若いながらも、それなりに世の中の不条理を知ってしまっている。世の中にうまい話などないのだ。

 しかし、今はあえて口にしない。それよりも、庸介を安全な所に逃がすのが先だ。庸介をヒーローにするにしても、現状の把握ができないことにはどうにもならない。


「さあ、早く追いかけよう、庸介。この先は怪物はいないらしいけど心配だ」


「ああ! ……でも、なんでいないってわかるんだ?」


「緋彩さんが言ってたからなんだけど……」


「……彼女、なにか知っているのか?」


「わかんないよ、そんなの。……けど、知っていると言うより、なんとなく『わかった』という感じかもしれないなぁ」


「どういうことだ、それ?」


「だから、僕もよくわからないって。とにかく、今は急ごうよ」


「あ、ああ……って、なっ、なんだ……あ、あれっ!?」


 驚倒しそうなほど声を戦かせ、庸介が新方川にいがたがわの先を指さす。

 倫も同じ物を見て、やはり思わず口が開いたままになる。

 それは、どこまでもどこまでも乳白色の雲。

 どこまでも、どこまでも……地面に届くほどに拡がった雲の壁。


「……まさか!?」


 倫は橋の途中まで登って、周囲を見わたす。

 川下も川上も見わたす限り、果てがある。

 まるでそれは、罪人を逃がさないための収容所の壁。

 どの程度の範囲かはわからない。

 だが、少なくとも越谷全土を囲うほどの雲の壁が立っていた。


(僕たちは、囚われていた……のか……)


 倫は本能的に、自分たちが隔離されたことを察していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!