第二章「前線基地・越谷中央高等学校」

第9話「慟哭の東埼玉道路」(1)


 それは、まさにファンタジーゲームに出てくるドラゴンそのものだった。


 犬歯が育った牙の周りには、肉食獣特有の鋭い歯が並ぶ。そこに臼歯がまったくない。咬まれれば、その部分が蜂の巣のように穴だらけになるだろう。

 恐ろしいのは、口だけではない。その鋭角的な容姿は「爬虫類」というよりも、まさに「恐竜」という単語がぴったりだ。下から閉じる瞼で、ギョロッとした目玉をたまにパチクリとさせている。

 広げれば、全幅は50メートルを超える翼。苔のような緑をしながら、光の当たり具合で七色にも見える鱗。そしてそれを支える太い脚と、鋭くとがった大人の全長ほどあるかぎ爪。


 【星野木ほしのき 流美るみ】は、その自分が召喚したドラゴンを見つめた。

 彼女だからこそ召喚できる、霊獣スピーリィトゥスベースティア中でも最大級サイズであり、エメラルドの鱗を持つという【万物を破壊する颱風龍スムマールムスムラ・デストルークティオ・テンペスタース・ドラゴー】。

 両手杖スタッフを使用した、彼女が好んで使う召喚魔法インウォカーティオマギアという魔法で呼びだされる、ARの霊獣スピーリィトゥスベースティアの一種類であった。

 威力は非常に強力だが、使用魔力量も多い。魔力は秒単位で自動回復していくものの、召喚中はとても追いつかない勢いで消費されていく。

 そのために彼女は、魔装具アルマトゥーラの性能も、ポイントのほとんども、魔力の維持量と回復速度に傾けていた。そんな偏った装備は、彼女以外にいないだろう。


(いつも……あんな顔してたのかな……)


 いつもはゲーム中、顔など見えない。

 本来は、天空高くに現れてそこから攻撃する。接近戦させることもできるが、強力な長距離攻撃があるので、そんな無駄なことをさせることはない。

 しかし、今日は普段と違って、上空20メートル程度の位置にホバーリングしているのだ。

 だから、流美には相棒の表情がよくわかった。その表情は、下に向かって目を細めて、牙の覗く口角を軽くつりあげていた。


 まるで意思があるかのように。

 目の前の敵を見下すように。


(意志を持っているなんてことがあるはず……)


 地面に落とす、大きな影の圧倒的な存在感。

 自分が召喚したARのドラゴンから、流美は強大な力を感じていた。

 もし自分が敵だとしたら、見るだけで絶望に打ちひしがれる。

 もちろん、見た目だけの話ではない。なにしろ、その巨大な翼が羽ばたくたびに、はらんだ風が木々が激しく揺らし、青々とした葉っぱを引きちぎらんばかり揺らしている。そんな風の中にいれば、人間など簡単に吹き飛ばされてしまう。


 だが、そのドラゴンを召喚した流美、そして同じパーティとして設定された――


東浪見とらみ 庸介ようすけ

九鬼くき りん

的井まとい 緋彩ひいろ


 ――のARETINAアレティナをつけた3人は、そのドラゴンを召喚した恩恵で、透明の球状保護膜で包まれ、風に体が運ばれることはない。また、この保護膜は弱い攻撃ならば跳ね返す。

 それは、この強大なドラゴンが味方である証拠だ。

 だから落ちついて、流美は正面の上空10メートル付近を飛行する、8羽の鳥をARETINAアレティナの中に捉えることができた。



――Warning:ARC名【ウオーモ・ウォチェッロ】 レベル2

――【ARC Type-A】



 鳥と言っても、その顔は人間そのものだ。老年の男性を思わす皺の多い面相は、怒り狂っているかのように目じりをあげて、長い舌を覗かせた口を大きく開いている。

 そして、その口から「アーアー」という奇声を上げて、先ほどからこちらを威嚇していた。


「ターゲット、【ウオーモ・ウッチェッロ】! ロックオン!」


 その不気味な真っ赤な鳥すべてに、円形ロックマークがついたことを確認すると、彼女は両手杖スタッフを上に掲げた。

 台風を模した螺旋の飾りが先端についたレアアイテム、【暴風雨のフルートニンブス・ティービア】。そのターコイズでできたようなグリップを握ることで、彼女はドラゴンに指示をだすことができる。


「【軽蔑のため息コンテムプティオ・ゲミトゥス】!!」


 すべての魔法関係の名称は、ゲーム性を上げるためにワザと言いにくくなっている。それは呪文の代わりだからだ。これをまちがえずに発音することで、音声入力が完成して呪文が発動する。

 そして流美は、本番で呪文を失敗したことがない。

 彼女の命令を受け入れたドラゴンは、所持する中でもっとも弱い技である圧縮空気の弾丸を口より放つ。

 低く唸るその巨大な弾丸は、空気を押しどけて降りそそぐ。

 そして一発で数匹の人面鳥を巻きこむと、そのまま地面にたたき落としていく。


「【軽蔑のため息コンテムプティオ・ゲミトゥス】!!」


 間を置かずに追加で四発ほど放つと、人面鳥はすべて地面に叩きつけられ、「アー」という断末魔と共に無残につぶれていた。

 よせばいいのに、流美はつい目で追ってその様子を確認してしまう。


 血肉が押しだされて撒き散らされた、ひしゃげた肉体。

 そこには臓物らしき物までうかがえる。


 流美は慌てて目をそらす。

 幸いだったのは、その凄惨な死骸ができあがった場所が離れていた事だろう。たとえ、3秒ほどで光となって消えるとしても、まじまじと見たいものではない。



――Congratulation!!

――Get:16point!



 流美のARETINAアレティナに報酬のポイントが表示される。たぶん、他のパーティメンバー3人にも同じ表示が出ているはずだ。

 それはポイントこそ少ないものの、いつもゲーム終了の時に見る嬉しい表示。

 だから、あらためて彼女は実感する。

 目の前に浮いているドラゴンも、先ほどつぶれた不気味な人面鳥も、すべてゲームの一部であるはず・・なのだと。


(でも、本当に魔法使いにでもなった気分……)


 流美は、両手杖スタッフを上に掲げてドラゴンに帰還を命じる。

 するとドラゴンは、あっという間に光の粒子になって収縮して消えていった。


 流美はその様子を眺めてから、あらためて掲げた杖を睨むように見つめる。

 やはり、恐ろしいほど精巧に表現されている。今までのAROUSEアロウズⅡならば、どこかCGっぽさがあって違和感を感じることができた。しかし、目の前の杖はどう見ても本物にしか見えない。杖に写る現実の光さえもが、計算されて表現されている。だから、角度を変えると太陽の光を返してまぶしさを感じさせた。


 さらに今は、グリーンのAROUSEアロウズウェアと呼ばれるタイトなスーツに、少ししゃれた魔装具アルマトゥーラの魔法ローブを着けている。このようなローブの表現などは、他のオブジェクトとの干渉などがCGでは難しいはずなのに、どこにも違和感が感じられない。

 精巧さを極めた仮想の存在は、現実との境界線をここまで曖昧にするのかと驚いてしまう。未だにロボット技術が越えられない【不気味の谷】をAROUSEアロウズは遙かに飛び越えてしまっている。


(……ううん。これ、きっと逆なんだ)


 戦い続けて、流美にもいくつかわかったことがある。

 たとえば、ARCアークと呼ばれる怪物は、通常状態だと肉眼で見ることができない。ARETINAアレティナを通してしか見えないのだ。

 しかし、ARCアークが人間を襲う時には、必ず【拡張オーグメンテッド】という現象が起こる。その瞬間、ARCアークは現実の肉体を持ち、肉眼でみられるようになる。ちなみに、AROアロー霊獣スピーリィトゥスベースティアは、呼びだした途端から【拡張オーグメンテッド】状態らしい。


 このことから、流美はあることを考えた。

 それは、「今のAROUSEアロウズは、現実にない・・ものを見せるARではなく、現実にある・・ものを見せるためのARなのではないだろうか」という仮説だ。


 ここは、そのために拡張された現実・・・・・・・になっているのだ。

 なにしろ、この目の前にあるARの杖やローブは、ないはずなのに触ることができる。

 ARの怪物たるARCアークにも実体があり、人間を襲っている。

 だからこれらは、もともと存在するけど、見えないだけなのではないだろうか。


 では、なぜ消えるのか?

 なぜ見えないのか?

 なぜARETINAアレティナで見えるのか?

 流美の考えた仮説は、穴だらけであった。


(……ああ、もうっ! なんなんの、この状況は!?)


 彼女は理解不能なまま戦わなければならない状況にいらだち、腕を組んで少し離れた越谷レイクシティの方を見やった。

 けっこう進んだ気がしたのに、先ほどまでいたレイクシティの巨大な建物の頭が見えている。


 彼女たちは今、徒歩で北の方に向かっていた。

 今いるのは、真ん中に分離帯がある四車線で、かなり幅がある道路だった。

 ここは、越谷レイクシティの横に隣接する東埼玉道路。東京外環自動車道の八潮ジャンクションと、庄和インターチェンジをつなぐ国道四号線のバイパスのひとつである。

 その道をARCアークと戦闘しながら、流美たちは少しずつ進んでいたのだ。


 というより、少しずつしか進めなかった・・・・・・のだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!