幻獣調査員 著:綾里けいし

作者 ファミ通文庫

359

129人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

很久很久以前,在某一个地方住着一位孤零零的黑暗之王。

  所谓的【王】,自从一诞生那一刻开始就是王,其父亲的伟大的幻兽,母亲是黑暗的意志,两者相融所诞生的,便是为了让万事万物获得自由,让森罗万象都被悉数破坏的存在。

  于是王占领了巨大的城堡,用黑暗的荆棘挡住人类的士兵,在王看来互相斗争贪婪的人类就如毒虫一般。度过了漫长的时光后,回过头来,王已经没有任何想要的东西了,王本来就是一个无欲无求的人,他没有任何留在城堡的理由,直到有一天,一个少女打破了王的宁静。

  这是孤零零的黑暗之王,与一位少女邂逅的故事,故事很长很长,旅途总是充满了相遇、离别和再相遇。【黑暗之王】如今依旧和少女在一起,他们的旅途一定会永永远远的继续下去。








  轻小说《幻兽调查员》,小说的作者是绫里惠史老师,和前面的故事有关,今天要讲述的就是个相遇与旅途的故事。相遇是一个很美妙的话题,因为很多人都憧憬着与美丽少女的邂逅,许许多多的轻小说也是以“Boy Meet Girl”进行展开的,而这一次绫里惠史老师的故事则是少女与幻兽的相遇,老师在后记中写到由于很早就已经对人类与人外的交流感兴趣了,所以这一次能写人外和少女相遇的故事十分的满足。

  绫里惠史老师笔下的故事风格和设定都很相似,而这一次带来的也是一个温柔善良而略带致郁的故事,孤独善良的怪物,被利用被操纵、被抛弃被憎恶、被依靠被拯救。虽然老师笔下的故事设定有的时候很残忍,但是故事本身依旧是向往光明与希望的,用孤独的痛苦来映衬出相遇之后的美好,似乎让人对之前经历过的残酷现实,也变得更能接受了。

  而旅途,则是一个美好的话题,故事中每一章都在讲述旅途中遇到的不同的故事,旅途永远是充满新鲜和神秘的,也有未知的威胁在前方等待着他们,你永远不知道下一个故事是在什么设定与背景之下发生的,每一个少女与王经过的地方,老师都会用精彩和奇妙和文风将幻… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

B.A.D.から綾里けいしさんを応援してます。

これはB.A.D.や異世界拷問姫などの作品などの残虐性やミステリーのようなものとは異なり、優しくて、切ない物語。世界観に引き込まれます。個人的にとても好きな世界観で、「幻獣」というのがまた揺さぶられます。でも人でないものにでも感情移入ができます。

この方はこういうものも書くんだ!と驚きもあり、とても尊敬します。

★★★ Excellent!!!

硬質で控え目な文章。
静かなはじまりの情景。
確かにライトノベル的ではないという感じもします。
が、この作品が読者を引き込む力は、この文章によるところも大いにあると思います。
私は引き込まれた側なので、その後もすいすい読み進めることができました。
続き楽しみにしてます。

★★ Very Good!!

幻獣とヒトをつなぐ少女のお仕事グラフティ。
妖精猫回は、猫好きとしてぐっときました。
ただ、作者は猫好きでないのでしょうか、猫の可愛さが表現しきれていませんでした。少し残念。

もうひとつ、惜しいのは、好みかもしれませんが、文章(地の文)が堅苦しく、乾燥していて、読みにくいこと。

かっちりめの小説が好きな人向けで、ラノベ読者には退屈な文体です。
ストーリーはとてもロマンあふれる素敵なものです。

もう少しくだけた感じがほしいですが、わがままでしょうか。