第34話

○知ったかぶり

「しりとり、しよ」

 ある日、そよぎは唐突に言う。

「いいよ」

 拒否する理由もなく、僕は素直に応じる。

「私からいくよ。『アファーマティブアクション』」

「なんで、何の断りもなく『あ』から始めてるのかもわからないし、最後、『ん』で終わってるし、おまえ、その言葉、言いたかっただけだろ」

 先程の倫政の授業中に教師が説明していたのだ。どうせ、響きがかっこよかったから、たまたま覚えていただけなのだろう。

「アファーマティブアクション、どういう意味か解ってる?」

「うおおおおおあおっ、アファーマティブアクション!!」

「いや、そんな必殺技みたいに言ってもダメだから」

 彼女にとって、横文字はすべて必殺技です。

「――『混沌と狂気の生み出しし修羅アファーマティブアクション』」

「いや、そんな中二病みたいな言い方してもダメ」

 全然意味わからないし。あと、こいつ修羅好きだな。

 そよぎはなぜか神妙な顔をして、ぽつりと呟く。

「幸助くん……私、思うんだ……大事なのは、意味じゃなくて、その言葉を思う、気持ちなんじゃないかな……」

「無理矢理いい話っぽい雰囲気を醸し出してもダメです」

 何度も言うが、意味不明だからな。

 ダメ出しを続けた結果、そよぎはついに逆ギレした。

「なんなの! 私の言うこと、あれもダメ、これもダメって!」

「いや、おまえがあまりに適当に言葉を使ってるからだな……」

 そよぎが突然キレるとは思わず、僕はしどろもどろになる。

「もう! 幸助くんは賢いけど、私はバカなんだから」

「いや……」

「私に積極的に教育機会を与えて、教育格差をなくすことで、真の意味での平等を目指すべきなんだよ!」

「アファーマティブアクションの意味、解ってるじゃねえか」

 アファーマティブアクションは積極的是正措置です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!