第35話

○「夢」の話

「昨日、夢を見たんだけどね」

 そよぎは、いつものように何の脈絡もない話を始める。

「へえ」

 僕はそれに気の無い返事をする。しかし、そよぎはそれに気を留めた様子も無く話し続ける。

「その内容を話してもいい?」

「いいけど」

 人の「夢」の内容なんてものは往往にしてつまらないものである。語っている本人は楽しいかもしれないが、聞いている方は退屈な事が多い。とはいえ、別に聞くことを拒否するほどのことではない。僕は黙って耳を傾けることにする。

「私はその夢の中で大学生だったんだよ」

「へえ」

 自分の子供の頃が投影された夢というのはままあるが、実年齢より年上になっている夢というのは珍しい気がする。

「そして、私は男だったんだよ」

「男?」

 性別まで変わっているというのか。

 僕は少し興味が湧いてくる。

「それで、どういう内容なんだ」

 そして、そよぎは語り出した。


「人は誰の為に生きるのか」

「は?」

「就職活動を行う大学生、羽川は異世界の夢を見ていた。異世界はどこまでも美しい。その世界には争いはなく、悪意も無い。「善人」しか存在しない不自然なほどの理想郷。羽川は、薄汚い現実を嫌い、夢の世界に引き込まれていく」

「そよぎさん?」

「『美しきトロイメライ』 作 雪瀬ひうろ」

「おい! 何を言いだしている?!」

「第1回カクヨムWeb小説コンテスト、SF部門に応募中」

「宣伝?!」

「読んで星をつけてください」

「なんだよ、星って!」

https://kakuyomu.jp/works/4852201425154968812

「URLまで!」

「読まずに星をつけるとBANされるので気をつけてね」

「危険なネタに踏み込むな!!」


「っていう夢を見たんだよ」

「………………」

 やべえ……。これ、大丈夫かな……。


 この物語はフィクションであり、実在のカクヨムとは一切関係ありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!