第28話

○そよぎの髪

「そよぎの髪って綺麗だよな」

 僕は、そよぎの艶めく長い黒髪を見ながら言う。

 すると、そよぎは豊満な胸を張って言った。

「当然だよ。私は美少女だからね!」

 そんな言葉を受けて、僕は言う。

「前から思ってたんだが、そよぎ、ナルシストだよな」

「『ナルシスト』? 私、べつにラーメンはそんなに食べないけど」

「ナルシストっていうのは、ナルトをたくさん食べる人のことではないんだ、驚くべきことだけど」

 僕はナルシストという言葉の説明をしてやる。

「うーん、私はそれじゃないと思うけどな」

「いやあ、かなりナルシストだと思うぞ」

「それってまずいの?」

「いや、まずい。というか。まあ、ある程度、そういう発言は控えた方がいいかなって気持ちはあるけどさ」

「うーん」

 そよぎは珍しく頭を振り絞っているようで、真剣な顔をしている。

「たとえばね」

 そう前置きして、そよぎは語り始める。

「『渡辺幸助は高校生です』って言っても変な発言だなって思わないでしょ。実際、高校生なんだから」

「そうだな」

「それと同じで『愛原そよぎは美少女です』っていうのも当たり前なんだから、変な発言じゃないんだよ」

「うーん?」

 解る様な解らんような。

「いや、そういう話ではなくてさ。確かにおまえは美少女かもしれないけど、それを自分で言うかどうかということが問題で……」

 僕も何が言いたかったのかわからなくなってくる。

「ん?」

 そして、そよぎの笑っている顔を見ていたら、そんなことはどうでもよくなってくる。

「はあ」

 やっぱり、愛原そよぎは類いまれなる美少女なのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料