第27話

○雪哉の髪

「雪哉の髪は男にしては長いよな」

 僕は雪哉に問いかける。

「ああ、これですか」

 雪哉は自分の前髪を掴みながら言う。

「本音を言えば、もっと伸ばしたいくらいなんです」

「そうなのか」

「はい。具体的にはそよぎ姉さんと同じ髪型にしたいです」

「それはやめろ」

 確かにこいつは、紛れもない美少年であり、ただウィッグで髪型を変えるだけで、女に見えるくらいに女性的な顔をしている。しかも、そよぎに似ているのだから、もしそんなことをすれば、さまざまな界隈の人間が放っておかないだろう。

「ええ。姉にも同じこと言われました。姉さんに言われたら、もう仕方がありません」

「そよぎにしては賢明な判断だ」

 僕も間違いなくそよぎを愛しているが、こいつのそよぎへの想いは、あまりにも歪み過ぎている気がする。

「おまえは自分がそよぎになりたい願望があるのか?」

「うーん。そう単純に割り切ったものでもないですが、概ねそいうことです。ですから、そよぎ姉さんが持っているものは同じものが何でも欲しくなってしまうんです」

 雪哉は指折り数えながら言う。

「ノートは姉さんが使っているピンクのクマが描かれたものを使っていますし、シャーペンや消しゴムのメーカーも同じものを使っています」

「徹底しすぎだろ」

「ですから、もちろん、下着も同じ種類のものを履いています」

「超えちゃいけないラインを考えてね」

 彼は紛れもなく変態です。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!