ぼくの作品で一番新しいアトボロス獣国記、ぜっさん人気なしで走っております!(笑)

これが、どこに大きな原因があるだろう?と考えていたのですが、ひょっとしたら獣人をひねりすぎたか?というのを考えました。

戦記っぽいのをやろうとしたので、人間に近い方がいいのかなと考えて書き始め、あとはそれほど外観とかはこだわらなくていいのかな、と思ってました。

そうすると、ファンタジーでよくある「獣人」ではなくなるので、ちょっと登場人物が正体不明になっちゃったのかなと。あくまで予想ですが。

なので、アマゾンなんかで売ってる「獣人の描き方」や「獣人ポーズ集」のほうに改良してみます。

人物の外観に関わる部分は修正しています。修正した話は以下の通り
1、8、10、11、16、22話です。

簡単に言うと
父ちゃんセオドロス=茶毛
グラヌス=灰色毛
ゴオ族長=黒毛
アトボロス=ツルツル

外見は変わりましたが、話はまったく変わってないので、確認されなくてもまったく問題ないと思いますっ!

それから「序文」を付け足してみました!
ちょっと予想以上に王様になるまでに話数がかかりそうなので、この作品は、こういうとこ目指してますよ、というのを伝えたほうがいいのかな?とも思いまして。

こういうの、世間では「蛇足」というかもしれないです。(笑)

これ、序章ないほうがいいんじゃない?って思われたら、言って下さい。
1話のほうがね、アトくんの感じがすぐに掴めて、そっちのほうが正解なのか?という相反する気持ちもあるんですよ。

完全獣人化にしろ、序文付け足しにしろ、より面白く、または、わかりやすくなってればと祈っております。

現在読み中の方は、少し味わいが変わるかもしれないので、その点は申し訳ないと思います。サセン!

なんとか楽しんでいただけるようにがんばりますので、お付き合い宜しくお願いします。

<(_"_)>

21件のコメント

  • 個人的には読んでいて楽しい
    のですが、のっけから母親死亡で
    重苦しい所に村は壊滅

    幼馴染みヒロインも援軍が
    間に合わずに死亡、その援軍対象も
    派閥争いで動かずに戦争煽動派の
    暗躍とここまで物語的には暗い部分
    が多過ぎる気が少し?
    (まるでウルトラマンレ○で第1話から
    数話でMAC全滅したかの様な勢い)

    主人公は性格的に非常に好感が
    持てますが突出した戦闘能力や知謀
    あるいは魔法能力といった
    「停滞した事態を鮮やかに突破
    する要素」が無いので
    どうしても爽快感には欠けて
    しまうのでこの面白さを理解して
    もらうには時間がかかってしまうかと

    その点カカカさんの時は程よいギャグ
    要素と相棒達の方が余程優秀という
    ギャップがあったので、カカカさんに
    それほど有能さがなくてもどうにか
    なっていた感じがあります

    あとアト坊の話には現時点で
    ヒロイン不在なのが惜しいw
    長文失礼致しました

  • レギオン様!

    あざますー!

    いや、言っていただいた方が、すごーくためになります。
    やっぱなー、そうかー、重い部分が長いかー!

    アト坊は「すごく弱いけど、すごく強い」みたいなのを狙いたかったのですが、その味を出すまでが長いですね。

    そのあたりは、次作に活かしていきましょう!

    いや、しかし、レオそんな話でしたっけ?wwwww

  • レオはまず星を滅ぼされて
    地球に流れ着いて数年
    隠遁してた所に仇敵が現れて
    途中参戦、以降鬼の先達に戦いの
    道を焚き付けられます

    その後生き別れの弟と再会するも
    敵の謀略で濡れ衣を着せられて
    味方の筈のウルトラマン達に弟を
    処刑されそうになったり
    ようやく打ち解けてきた防衛隊Macの
    面々を宇宙基地ごと呑み込まれて
    再び1人ぼっちになったりと散々な目に

    前作タロウが親兄弟や本人の高い能力で
    ある意味苦労知らずでストーリー展開
    してたのとは対称的でした
    タロウはコミカルな話も多かったしw

  • 個人的な好みが入りますが、主人公が信望を得るところがちょっと強引さを感じるところがあるかな?と。特にグラヌスからアトへの心情で、最初から尊敬を得るところとか。庇護、憐憫的なところから旅の中で尊敬へつながるほうが自然かな~~と思いました。
    やはり主人公が、パッと見に強いわけではないので、最初のハクを付ける部分はより丁寧さが必要かなという意見です。ここはレギオンさんの意見とだいたい同じかな?そこから後の仲間は、グラヌスという立派な男がアトに一目置いているところからほかの面々の信用を得る流れを感じて不自然には思いませんでした。

  • あとこれ、完全に僕の嗜好の話で内容についてではないんですが。
    アトはちょっと達観を感じるので、もっと渇望とか慟哭とかでグシャグシャッとなってると好みです!(いまから路線変更という話ではなく好みの訴え)

  • レギオン様

    そう言われれば「なんでかこっちが悪者に・・・」みたいな感じの覚えがwww
    しかし、そんなハードでしたか!
    ぜんぜん話を覚えてないと思ってウィキペディアを見たらキャッチコピーが
    「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」
    とありましたwww
    うーん、めっちゃ見直したいwww

  • a_bird_in_cage 様

    あざすー!

    最初のアトとグラヌスのとこですね。
    あそこ、違和感が出たか。なるほー。
    そこは修正しちゃいます。そのあとに「剣の誓い」が生きますし。

    しかし、アトに「達観」を感じるとは、なにか組み方に失敗してますね。
    ちょっと一区切りしまでいった後に見つめ直してみます!
    だいたい、自分の作品を第三目線で見るのへたですからね。参考になります!(笑)

  • 達観というか淡々というか……。
    なぜそう感じたかというと、育った村が危険に晒されているわりに、コリンディアでのやりとりで焦りや怒りが表現されていなかったから、だと思います。グラヌス以外はアトのことを蔑ろにしているシーンなわけですが、アトの一人称による語りのわりには理性的に見えるなあ、と。
    そういう冷静さ、俯瞰視点=アトの特殊性というわけでもなさそうなので、状況と感情に乖離を感じたわけです。

  • カカカは「駆け出し冒険者の」「おっさん」なので、少々失敗しながらも着々と状況に対応していくことに違和感は無かったと思います。
    アトは「王の資質を秘めた」「少年」ですよね。上に挙げた点は芯の強さ=「資質面」の表現なのかなと思いましたが、それはそれとして少年らしいところを、内面的にも表現してあげる必要がある、と僕は思いました。

  • 冷静に考えると、上のコメントは好みがかなり反映されているので実際にそのほうが人気が出るのか?と言われるとどうかな……。ただ、正しい選択肢を選んで正しい結果が帰ってくるばかりの展開だと、感情に訴えるドラマにはなりづらいとは思います。

  • えらそうに長文を書いてしまった……。書いてから消すのも失礼かと思いますので置いておきますが、あまりマトモに受け取らないでくださいね。

  • いや、おそらく正しいと思います。
    それがですね、えーと、役所に行って、オトンの手紙だしたけど相手にされなかった、という所がありましたよね。あそこから通りに出たときに、あれ?こんなもんかな?というのを感じたんです。
    たぶん、あそこで掴み損ねたんじゃないでしょうか。
    だから、全体的にコリンディア編の出来が悪いんじゃないでしょうか。

    言われて僕も「なるほどな」と感じたところは、おそらく正しいと思います。
    ちと、コリンディアをやり直してみます。

  • ありました。まさにそこです。

  • レビュー書こうかと思ってましたが、内容を更新されるのであればそれを読んで内容を盛り込もうと思います。レビュー投稿直後が閲覧されると思うので……。

  • りょ。
    これあれだ、かけ違えのきっかけがわかりました。
    走るのやめたからだ。
    たぶん掴んだ。。。気がするぅぅぅぅ(笑)

    話を書こうとしてるやつが天然かもしれない、そんな疑問はひとまず置いておいて、ちょっとこのあたりのシーン再挑戦してみます。

    あざすー。

  • a_bird_in_cage 様

    修正更新しようと思います。
    あと、三章がちょっとギャンブルで、グラヌス視点でザンパール平原行くので、コケる可能性あります(笑)
    んー!ここがグラヌス視点じゃないといけないような気がしてるのですが、出してみないとわかりません!

  • 代々木さんの頭の中のことなのでわかりませんが、グラヌスは最終的に第一の忠臣的ポジションだと思うんですよね。で、アトが大きく羽ばたいていく様子を横から見るというのは、アリかもしれないと思います。

  • グラヌス、その通りです(笑)
    ひじょうにありがたいことに、レビューの話が出たので、そのあと視点替えの三章やって
    「うわっ、こいつ、またスベりやがった!」
    ってなったら、申しわけないなーって(笑)
    ぜひ、三章数話、様子見していただけたら(笑)
    このあと1話小話入って、とんとーんと第三章行きますので。
    3年F組を一話ごとに視点変更したら、けっこうノリが大変、というのがわかりまして。(やる前から解れという話かも)
    章ごとぐらいのボリュームだったらいけるかな?という。
    たぶん、予想されてると思うのですが、アトの旅立ちのあと、グラヌスも旅立たないといけないので(笑)
    そこはグラヌス視点で行ったほうが、ドラマティックなんじゃないかなー!という愚考です。(笑)

  • 10~14あたりかな。修正!

  • 修正しました?だいぶ雰囲気が締まったと思います。

  • ういうい!修正してみましたー。
    そう言っていただくと、良かったです!
    そうそう、締まった感じ。僕も思いました。
    あぶねー。
    言っていただいてアザス!

    <(_"_)>

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン