カクヨムコンテスト、通過ならず。

決していけるとは思ってなかったので、ショックはない。ただ、もし通過できてたらすごく気持ちも上がったんやろなー、と想像はします(笑)

こんなに書くことに向き合ったことはなかった。
日々の暮らしがほんまにしんどい時期で、へろへろになりながら書いて。
めっちゃ疲れたけど、めちゃくちゃ楽しかった。

自分が短文向きなのも改めて分かったし、苦手なことも身に染みて感じたけれど、それでも書くことが好きやって思えたから。

だから書くよ、これからも。
好きなように、好きなことを。

読んでいただいた方、ありがとうございました。これからも、ちょこっとでも応援していただけたらうれしいです。