二十年前に書いていたものと、現在書いているものとの違いはなんだろうと考える。

二十年前は、たとえそれで物語が壊れても、説明のためのシーンを書いたり説明の台詞はやめようと思っていた。
たぶんそのころは、物語を犠牲にしてスピード感やテンポのよさを出すことがクールだとでも思っていたんだろう。

今は、物語を犠牲にしてでも無意味な饒舌さを物語にとりこもうとしている。
なんの意味もないくどくどした説明をひたすらくりひろげることで物語を壊すのが、クールだと思ってるのか。

なんにしても物語を壊すということは、共通化していて前はそれが結果だったけど今は、目的化している。

そういうことかなと、思う。