https://kakuyomu.jp/works/1177354054886754292/episodes/1177354054887155299

物語を書いてるときは、脳内劇場で展開されてる情景を文字に書き起こす感じなんだけど。

あまり時系列にちゃんと上映されずに、あちこちへ飛んだりする。
それを組み立てながら書くんだけど、ときどきはめ込むのをわすれるシーンがでる。
あるいは、書いてるうちにうちにこれはだめかなと思いけずるときもある。
もしくは書いてるうちに、脳内劇場でなにが展開されていたのかを理解することもある。

不思議なもんだと、思う。