はい、今回は公言していた投稿ペースを守って投稿させていただきました。
少しずつですが確実に動き出している物語。正直自分で読み返してみて会話と地の文の割合がどう考えても逆になるべきなんですよね……

今後はそんなところにも(基礎の基礎ですが……)気をつけて執筆できたらと思います。

さて、少し今回の内容に触れると、宮野司の家族関係が判明しましたね。
今は亡き父親と半年前から音信不通の一歳上の姉がいるらしいです。

____________________________________________________________________

八冷「ところで司くんってご家族と仲よかったの? 」

司「まあまあかな……でも姉ちゃんは俺にできないことが何でもできるスゴい人だったよ。親父はたまぁにしか家に居ないイメージだったけどな」