実を言うと、この作品に関してはこれまで自分の書いて来た作品と比較しても、かなり乱暴な作り方をしてしまったなぁと感じております。

もともと長編用としてプロットを作成途中だったものを無理矢理短編用に作り変えたという事もあるのですが、そこへ来て初の試みで一人称視点で書いたという事。
終わりも非常に強引でした(哀)

本音を言えば削除したい気持ちもあるのですが、自分への戒めとして残しておこうと思います。