「坊主捜査官」ではじめてミステリー小説を書きましたが、仕事が忙しく途中何度も挫折しかかりました。そんな時に読んでいただいた方の応援が支えとなりました。
まだまだ清書しないといけない部分あると思いますが、創作する喜びに目覚めて最終20章にたどり着くこと出来ました。
7万文字足らずですが、この話はこれ以上長くしても面白くないと判断しました。
皆様のご感想お待ちしております。