ども、詩和です。いつもお読みいただきありがとうございます。
さてさて、今回は久々すぎる近況ノートに後書きに似た緊張を覚えていますがさておき。
今回は展ラブに関しての重大なお知らせでございます。
実は、元々展ラブはなろうに投稿していた作品でして、現在番外編も含めると三百話近くあり、文字数も八十万文字を越えています。
にもかかわらず、カクヨムでまったく続きを出さないのはなろうに既に出していた話を改稿してから出しているためです。これは、自分の書いた内容と文章に納得がいっていないが故の改稿のため、話の内容が大幅に変わる恐れがあり、それが理由で続きを出すことが出来ないのです。
しかし、このままでは一向になろうに追い付かず、カクヨムの方が疎かになる恐れがある……。
そこで、私は考えました。
せめて二章はこのまま進み、三章からはなろうに出しているものをそのまま出そうと。
勿論、三章も四章も納得が言ってない部分が多くあるため改稿する予定ではありますが、苦肉の策です。
正直、私はカクヨムでどれだけ戦えるかを知りたい。でも、投稿頻度が悪いと読んでくれる方も少ない。
ならば、納得のいく改稿が終わるまで出したくないという自分のプライドをその辺のゴミ箱に投げてやろうと思った次第です。
因みに、ゴミ箱に投げてってのは捨てるって意味です。北海道ではよく使われるんですが、本州の方では使われないようで……。まぁ、こんなことはどうでもいいですね。
というわけで、長々と話してしまいましたが要点だけを纏めましょう。

二章は今の状態で終わるまで進み、三章からはなろうにあるものをそのまま毎日投稿として出す、番外編は気が向いたら番外編集として出すかもしれない。

こんなところですね。
以上、重大発表でした。長文失礼致しました。
それでは、いつかまたお会いしましょう。ではまた。