作者が富山県出身のため、所々富山弁が出るかもしれませんがごめんなさい。
あと、作者は読んだことがあるとはいえ、所々飛ばしながら読んでいるので、「これ原作のやつじゃない!」とかあってもご了承ください。