『目指すは最果ての地"ユートピア"』

ざっと纏めて言うと、知らないところに囚われて、自分のこともわからない少女 テトは本に書かれてあった最果ての地 ユートピアに興味を持っていた。

しかし、彼女にはデスと呼ばれる保護者のような存在があるため、その願いは遠い夢のようなものだった。

そんなある日、彼女の横笛により呼び出した光る小さな鼠の情報により、彼女にはある出来事が………?



彼女の夢"ユートピアに行くこと"を叶えることが出来るのか?
ぜひ見て見てください!