朝早くですが、少し思ったことがあるので近況ノートで記事という形で失礼します。

語りたいこと、と言えばいくらでもあります。どうも私は静かにすることが苦手な質みたいです。

ですが、それらももう少し生きてみて、まとまってから物語として昇華できればなんて思っています。

将来について考えると、いつだって自分の力不足に悩まされ、未来を思う事すらが億劫になります。

その力不足というのは、文才とか。才能ですね。
力不足とはよく言ったもので、私の求める力と比べ不足しているわけです。
求めさえしなければ、なんて思います。でも、私は求める事を辞めない。それは私の書いた短いお話に強く表現したつもりですが、実は本題はそちらの方です。

ここ最近自生活でごちゃごちゃとしていて――というのを言い訳にあまり執筆が出来ていない日々が続いていて気づいたのですが、不思議なことに文章の色合いと言うのは時間が経つと変わってしまうものなんですね。

なので、カクヨムへ過去に書いた文章を見に来たのですが、そこへ初めてレビューというものを頂きました。

参加していたコンテスト(?)から見に来ていただいたようです。
参加したのはとても前なのに、数ヶ月かけて見に来てくださったようです。

伝わったのかどうか、そんなことは分かりません。
私は作品の与えた影響が私が意図しているものだろうとそうでなかろうと構わないと思っています。

作品が人に感性を与え、感性がまた作品を生む。

私の与えるものは作品で、人の感性を揺さぶる何かと言うのは、だからこそ不明瞭であるべきだと考えます。

だから私は表現でぼやかして、そういうモヤを誰かへぶつけるのです。

話がそれてしまいましたが、結局なぜこの記事を書き始めたかと言えばただ嬉しかったからです。

私の世界を楽しんでくださった誰かがいることが、ただただ嬉しくて、それを本人に伝えるのもどこか恥ずかしいのでここでこういう形で語らせて頂きました。

ついで思ったことも少し、語らせて頂きました。

お付き合い下さりありがとうございます。