先日、米田 助六様から校閲・感想を頂きました。

気を付けているつもりでも、見落としていた…というところを改めて知る事が出来、とても勉強になりました!
改めて、御礼を申し上げます。

さてさて、自分でも、これはイカン!と思うところが何点か出没して来ました。
そこで、これから暫くの間、最新話の更新よりも、これ迄のエピソードの編集を優先して書いていこうと思います。

それによって、内容等に多少の変化が生じるかもしれません。
読みにくいようでしたら、本当に申し訳ありません。

皆様に更に楽しんで頂けるよう、これからも頑張りますので、宜しくお願い致します。

2件のコメント

  • こんばんは(*´ω`*)
    どこまで言っていいんだろう。もし、これで大人が怖くなったら……作品作りが嫌になったら……と悩みましたが、誰かに校閲~コンテストに参加しているという事は、自分の作品作りに思い悩んでいる。または誰かに背中を押してもらいたい方なんだと、心を鬼にする事にしました。

    あちらでも述べました通り、私もちょっと前までそうでした(年齢いってる分、私の方が全然ダメダメですね)本当、セリフの最後に。は付けるし、~た。で終わる事ばかりだったし。あんまり考えずに好き勝手やってたんです。でも、色んな方に助けてもらって今があります。

    水楢さんはまだお若い。
    物事を柔軟に考え捉える事が出来るし”吸収力”だってスポンジ並に凄い。若いから~では無く、若いからこそ沢山伸びしろがあります。

    連日のコメント長くなりまして本当、申し訳ないのですが、これからも強くたくましく。そして楽しみながらカクヨム生活やっていきましょうo(。╹ω╹。)o

  • ありがとうございます(*^^*)
    今回のことで背中を押され、少しずつ光が見えてきました!
    私は、自分の文章に少し違和感を覚えていたので、とても勉強になりました!
    それと、登場人物の設定!もう少し、しっかりと考えるべきだった事にハッとしました…。
    読んで頂いている方々にも、彼ら(登場人物たち)にも、失礼でしたね…。

    これからも勉学に励みつつ、チョコチョコ書いていきます(*^^*)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン