無事に物語を終わらせることができました。
一瞬でも読んでくださった全ての読者さま
ありがとうございました。

まだ読んでいないよ、という初めての読者さま
ようこそ沼へ。後悔はさせませんので
ぜひ一読ください。

引き続き、淡 湊世花をよろしくお願いします。