メリークリスマスは上品、ハッピーはちょっと俗だと英国では言われます。
楽しい時間を過ごしていらっしゃるでしょうか。

拙作「伯爵様はスペードのジャック顔」を読んでくださった皆さま、ありがとうございます!
次作の「王族に生まれてしまったら」は長くて登場人物も多いので、好き嫌いが分かれると思います。
それでこの年末、軽い気持ちで読んでもらえたらと思ってスクールラブものをアップすることにしました。
まだ壁ドンという言葉のない時代設定ですが、ドンするところまでお付き合いいただけたらとっても嬉しいです。
1万5千字程度です。
「黒板の文字の謎とふたつの恋模様」という題。
コード載せるのかリンクを貼るのかよくわかっていません、ごめんなさい。

では良いお年をお迎えください。