のんびり温めていた小説なのですが、温めすぎてよくわからなくなってきたので、公開してみました。
最初から傑作が書けるとは思っていませんので、まずは習作。初のカクヨムを使った連載ですので、勉強させていただければと思います。もちろん、手を抜くことはありませんが。

楽しんでいただければ幸いです。