大分と前から言っていた十万文字を超える短編についてです。

アレを投稿しません! いや、ほんとすみません。書いていたらどういうわけかやめたほうがいいなという結論に至りました。ホントにどういうわけか自分でもわかりません。

その代わりに新作を投稿しているのでそちらをお読みいただけると幸いです。