長編小説 「プレゼンス」は過去に新人賞に応募して、落選した作品になります。

手書き原稿用紙にて応募し、総枚数は 437枚。
実はこちらの作品ですが、データが欠落しているため、完成形として掲載することができません。

「STORIA 100」にて、締めさせていただきます。

完筆当初は、最後まで書き切っていました。

こちらに掲載する部分は、1ページ目から301ページまでの分になります。

章としては、第十章までありました。

読んで下さっている方々には申し訳ありませんが、何卒ご理解下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

作品を読んでいただき、ありがとうございます。