「虚無との愛欲の果てに産まれしものは」が重複しているとの指摘を受け、修正しました。