長編が書きたくてたまらないのです。
とても作者としては愛おしい、傷を抱えた、あるカップルを見つけてしまいました。
彼らのことをじっくり書きたくて書きたくてしかたありません。
ちゃんと書いてあげたくて、慣れないプロットも組んでみようとしたのですが
書き始めて彼らの空気をつかまないことには、
机上の空論では全然面白くならない気がして、
苦しくて。
構想に時間をかけなくては、という想いと、
何はともあれ書き始めたい、書け、書こうよという衝動が
ものすごく頭の中でせめぎあっていて
本当にしんどいです。

「夜桜さくら」の新婚夫婦のネタの掌編なら
ほっといても気づけばmixi日記にアップしてるくらい、
するする書けるのに・・・ほらまたこの夫婦に逃避してしまいそうだ。

長編の彼らのことを愛おしいと思っていて書けると思ったのに、
まだまだ彼らへの愛情は足りないようです。
というか彼らが私を信用して話しかけてきてくれないみたいです。

タイトルだけ書いておきますね。
「碧翼~ぼくのたからもの~」といいます。
いつか見かけたら、ああこれがと思ってくださいね。
そのいつかが遠い日ではないように。