先ほどのんびりやっていくと宣誓しておきながら、投稿してしまった嘘吐きです。
長編ブロマンス小説の1話は、まだもう少しかかりそうですが、過去に書いた掌編を1つあげてみました。思い悩む女性が主人公の雰囲気掌編です。
確かちょうど1年前の秋に書いたもの。500字程度なので、さらっと読めるかと思います。よければ読んでみてください。