タイトル通りです。
前書きでも書きましたが、残酷描写……とまではいかないかも知れませんが、流血描写が頻発します。
また、何で半沢直樹がシンゴジラになったのかというレベルで雰囲気が変わります。
会社のトラブル話を期待されているかたは大変申し訳ありませんと土下座するしかない話になっていますが……


やりたくなっちゃったんだから仕方ない!
それが全てですw


「かいおし!」はこうなったら完結するという明確な基準がない、いわばサザエさんタイプの物語なので、一応ひと区切りとなる話をここらで書いておくのも良いかなと考えました。
別に最終章というわけではないのですが、血界戦線で言うところの妖眼幻視行のようなものです(例えが分からなかったらスミマセン) よろしくお願いします!