遅くなりましたが、お知らせです。
今回の作品は「囚われの少女」です。ありがちですが、私はこういうちょっとゴシック小説っぽいのが好みなので、お付き合いいただきましたら嬉しいです。