六月三十日に発表のありましたアルファポリスさんの第四回ライト文芸大賞で、「僕と彼女の、繰り返される夏」が最終選考まで残り奨励賞を受賞しました。
 一番最初に「これは容易に越えられないかも?」と自分でも思った自信作のひとつで、一番最初についた熱心なファンの方が「とにかく好きだ」と推してくれたのが本作でした。
 その後も多くの方に支持をもらいながらも結果・数字がともなわず苦しんだ作品でしたが、ようやくこうして恩返しができました。
 参加1013作品中、最終選考に残ったのは14。
 惜しくも受賞は逃しましたが、上位一%の壁をよくぞ破ってくれたという思いです。ずっと「咲夜」の陰に隠れてきましたが、なんとか日の目をみたといったところでしょうか。

 ありがとうございました!!