ライトノベル作家の赤月カケヤです。

ライトノベルでは珍しいパニックホラー小説「俺が生きる意味(レゾンデートル)」、殺人鬼モノの「キミとは致命的なズレがある」を執筆しています。

今回は犯罪に特化した作品を書いてみました。

本作は犯罪を助長するものではありません。現実と非現実が区別できる人、モラルを持って社会生活ができる人のみ、閲覧ください。

犯罪小説がもつ、人の儚さ、愚かさ、そして命について考えたい人のための、作品です。

どうかよろしくお願いします。