それこそ、たぶん、運営に声かけられそうな気がする。

 少なくても、運営はそんなふうになった人のレビューは、必ずチェックするようになると思う。

 それだけ、作品を知ってるという『知識』と、それを自分の言葉でよくも悪くもおもしろく紹介できる『紹介力』を持ってる人が、サイト内で渇望されていることは、もう、間違いないと思う。

 もし自分が運営だとしたらですが、……もう、こんなに膨大な作品群、すべて読むことはまず不可能。

 だからたぶん、もう、作品は読んでない。

 でも、レビューは読んでると思う。

 『グッドレビュアー』という称号がカクヨム内にあるのも、運営がいかにレビューを気にしていて、作品ではなくレビューを読んでるかということが分かる。

 そしてそこで、うまい文章を書けていて、その上、分かりやすくまとめられている人に、グッドレビュアーという称号が与えられるのでしょう。

 最近youtubeに投稿始めて、いろいろ勉強して思ったことは、youtubeでは、みんなやってるのが、なにかを紹介する『紹介』業がほとんどだということ。

 いわゆる『インフルエンサー』ですよね。

 ですが、もう、youtubeではそれは飽和状態。

 しかし、youtubeと比較するのもアレなんですが……これ、カクヨム内ではすきま産業で徒手空拳もいいところだと思う。

 なぜなら、作家はみんな、チャンネルではなく、まず自分の作品を持ってるから、自分の作品が読まれるにはと、どうしてもまずそこを考えてしまう。

 そこが、『カクヨム』内における『インフルエンサー』出現の機を失わせてしまっている。

 これからって、なによりまず『影響力』があるかどうかが問われる時代になる。いや、もう、なってる。この論自体がちょっと遅いくらいかな?笑

 でも、たぶん、『カクヨム』内では、ここに特化した人は、いない。

 そして、経験上、『レビュー』って、ものすごい『影響力』を生む。

 たぶん、私も、定期的にフォロワーの作家さんのレビュー書いてるお陰で、息の長い活動ができているのかなと、思うくらい。

 ……てか、レビューも文章なんだから、『私のレビュー集』みたいなので作品化もできるなって、ほんと、いま書いてて、思ってきた。

 と、なると……

 あかん!こうなってくるといろいろ考えすぎて止まらなくなるので、今日はこのへんで!笑

 アデュー!