とある作家さまから、『異世界ヤスリブ(ネオキャの世界観)に、私の作品の主人公らを転移させてもいいですか?』という提案がございました。

 もっっっちろん!!

 そんなの、もうね、いっっっくらでも来ていいよ!!

 カモンカモ~~~ン!!笑

 もうねもうね、私、この提案されたとき、すっっっごい嬉しかったんですよ!!

 だって……私なんて、ほんと、マジで、無名もいいところでございますよ?

 それに、私の作品より、魅力的な設定の作品なんて、いっくらでもありますよ。

 ……にも関わらず、私の作品を読んでくれた上に、その世界観に魅力を感じてくれて、しかも、そんな提案……なんか、なんかもうマジで恐縮です!!

 なにより世界観の共有という、ネット小説ならではの広がりをものすごく感じました。

 そして、それを可能にする『異世界転移』というシステムの面白さに、改めて気づかされた。

 世間では、二次創作がどうだとかああだとか言われてますが、そんなの、私のような無名な作家には無縁なのよ!そんな制約、ひとつもないのが無名の強さってわけですよ!(ドヤ顔)

 あっ、せっかくなので、私の中での、二次創作に関する見解と考察を。

 いまの時代、まずひとつあるのは、コンテンツの膨大化。

 受け手は同じ数として、発信側の数が急速に増えたことで、相対的に受け手が減っている。

 膨大なコンテンツがあるいまの時代、二次創作だなんだとか言ってたら、その作品、忘れ去られると思う。

 そういう時代に突入しているって、ハッキリ感じてます。

 にも関わらず、いわゆる世に出ている有名な作品とかって、どうしても利権が絡んで、身動きが取れない状態になってるって、見てて思います。

 結果、世間から忘れ去られてる神作品、山ほどあるんじゃないですかね。

 これからは二次創作というものに、むしろ、感謝する時代になると思います。

 その作品が、これからも生き続けるための、生存戦略のひとつになっていくでしょう。

 改めて、提案くださった作家さまに、本当に感謝です。

 なんなら私より面白い異世界ヤスリブの物語、つくっちゃって~!!